釜石の港に立つ伊澤久也さん。

写真拡大

■「行かなくちゃと思って」

岩手県立黒沢尻北高等学校2年生(理系クラス)の伊澤久也(いさわ・ひさや)さんに初めて会ったのは、彼が暮らす岩手県内陸部の北上市ではない。伊澤さんは電車で約3時間半かけて、三陸沿岸の釜石駅にひとりでやって来た。大槌での取材を終えて伊澤さんと合流し、大船渡、気仙沼、そして奥州市と一緒に移動した。内陸の高校生は、この2日の間に、沿岸の被災地を初めて自分の眼で直接見た。

「行かなくちゃと思って。一緒に行けば見えるものあるかなと思って。どうしようか迷った。電車で行っても、沿岸部の電車、走ってないし、釜石しか行けなくて。釜石だけ見ても……。どうしようかなと思って、堀田さんの Facebook につぶやいて。お願いすればどうにかなると思って、お願いしようと」

「堀田さん」とは、ソフトバンク復興支援室「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」担当者の堀田真代さんのこと。この連載取材行は、こちらが鉄道で行ける街まで入ったあとは、堀田さんが駆る車に乗せてもらい、取材地を移動している。そこに伊澤さんが同乗したというわけだ。

釜石で合流し、一緒に昼飯を食べ、大船渡へと向かった。「部活は何?」「……サッカー部です」。道中、訊けばきちんと答えてくれるのだが、口数はきわめて少ない。それでも気まずい思いは生じない。そういう雰囲気を醸し出す力が、伊澤さんにはある。

こちらが大船渡の6人にインタビューしている間、伊澤さんは1人で大船渡の街を見て歩いている。その夜、伊澤さんは大船渡の平士門さんの家に泊まった。あの無口な伊澤さんが、どうやって「泊めて」と言ってきたのか。平さんに訊くと、こんな返事が返ってきた。

《久也は仲良くなると普通に話します。久也からは普通に泊めてほしいと言われました。同じ色(注・「TOMODACHI〜」で色別に分けられた班の意)の仲良い人だったので快くOKしました。久也とはその日お互い疲れていたのであまり話をせずに寝ました》

3週間の合州国を一緒に体験した300人は、岩手・宮城・福島の各地に友だちを持った。これは「TOMODACHI〜」の大きな副産物だ。高校生が自身の通学範囲外を体感するには障壁が多い。1.移動のための足(カネ)がない。2.外泊の自由度が低い。3.そもそも学業が忙しい。そして、4.通学範囲の外に知り合いが少ない。被災三県のあちこちに友だちがいる今、4番目の障壁は消えている。

翌日は一緒に気仙沼へと向かった。気仙沼の3人にインタビューしている間、また伊澤さんは1人で気仙沼の街を見て歩いている。昼過ぎに気仙沼での取材を終え、北上高地を車で抜け、奥州市のファミリーレストランに辿り着いた。ここで2人の高校生と合流し、奥州市編のインタビューを始めた。

被災の現場を、三陸沿岸を、自分の眼で見なくてはいけないと考え、行動した伊澤さん。将来、何屋さんになりたいですか。

■いい大人と会ったことがなかったから

伊澤さんは将来何屋さんになりたいですか。

「何屋さんというか……世界の動物を助けるような仕事というか……。テレビのドキュメンタリーとかで希少動物とか助けている人を見て、いいなと思って、動物に関わる仕事したいなと思ってたけど、具体的には何もなくて……」

最初に好きになった動物は?

「犬」

猫も虫もOK?

「大丈夫です」

その仕事に就くために進む学校、例えば帯広畜産大学とか、弘前大学農学生命科学部とか、そういう具体的な学校の名前はイメージしていますか。

「そこまで決めてるわけじゃなくて……」

今、2年生の9月です。決めるまであとどれくらい時間があると考えていますか。

「1年ぐらい。焦り? あんまりない」

伊澤さんが仕事を手に入れようとするときに、障害物や弱点になっちゃうものは何だと思いますか。

「動物関係だと、いろんな動物と関わることになるから、アレルギーとか出てきたら……。もともと、鼻はちょっと、花粉の時期とかクシャミも鼻水も出るし。今、たくさんの動物と毎日一緒にいるわけじゃないから、アレルギー出るかどうかもわかんないし。やってみないとわかんない。ちょっとずつ、動物と一緒にいる時間とか増やしていくと、慣れて、免疫できて、抵抗力ついてアレルギー出なくなるとか、そういう方法もあるって聞いたし。あと、コミュニケーション能力」

コミュニケーション能力には、聞く、話す、回す、盛り上げる、まとめる、いろいろあると思うのですが、伊澤さんの課題は特にどのあたり。

「まとめる、とか。聞くのは嫌いじゃないし」

この2日間一緒に車に乗ってますけれど、伊澤さんとのコミュニケーション、リラックスできてすごくいいと思います。

「そうですか?」

「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」での3週間、伊澤さんはリラックスできましたか。

「嬉しかった。最初は不安とかもあったけど、いろんな人と会ったし、考え方も変わったし、大切な思い出かな。いろんな大人とも会ったし。あまりいい大人と会ったことがなかったから……」

いい大人とは、伊澤さんにはどういう人ですか。

「夜に家で家族と話とかしてるみたいに、普通に笑いながら、自然にしゃべれる人。大人ぶらないで、自然に居てくれるかんじの。これ、個人的な話になるけれど、友だちとかでタバコ吸ってたりする人がいて、そのことで先生に『お前も吸ってんだろう』とか言われて。『吸ってない』って言っても、『いや吸ってんだろう』って。そういう偏見とか、すごい感じるときがあって」

内陸部に暮らす伊澤さんは、沿岸部の被災現場を見なければと考え、動いた。岩手県の内陸部は、津波を受けた沿岸部のような壊滅的被害を受けたわけではない。「行かなくちゃと思って。行けば見えるものあるかなと思って」という伊澤さんのことばを裏返せば、内陸では震災が「見えない」ということでもある。

だが、高校生たちの祖父の世代が少年だった頃に、このあたりは被災の現場だった。岩手の内陸部——北上川流域は2年連続で大洪水に襲われている。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )