ANA創立60周年、制服の全面リニューアルを発表

写真拡大

全日本空輸(ANA)は今年で創立60年を迎えた。

さまざまな記念行事が予定されているが、このほど行われた創立60周年記念イベントでは新しい機体デザインが発表された。

世界36カ国、7042もの応募の中から選ばれたのは29歳の日本人女性の作品。

コンセプトは「We Love Earth!(世界は大きな家族の輪でできている。

みんなをつないでくれる飛行機に笑顔を乗せて……世界中に笑顔が広がりますように! )」。

ANAは1993年にクジラと海の生き物を描いた「マリンジャンボ」を就航させ、機体のスペシャルマーキングで業界の先駆者となったが、今回は機体全体に笑顔があふれるマーキングとなった。

「マリンジャンボ」が企画された1992年当時5億人だった同社の累計乗客数は、13億6600万人を突破。

年間乗客数は4500万人を超える世界でもトップクラスのエアラインに成長した。

国際線に就航したのは1986年と後発だが、その後の伸びが大きく、2012年には成田 - シアトル・デリー、・ヤンゴン線を開設。

現在の32都市に増え、2013年1月11日からは成田 - サンノゼ線もスタートする。

2014年には客室乗務員と空港グランドスタッフの制服を全面リニューアルの予定。

記念イベントに登壇した伊東信一郎・同社グループCEOは「これからの60年、さらにその後の60年と、世代を超えてANAはすばらしいといわれるように発展させていく」と将来を見据えた。