社長の10人に1人が女性。多い名前は和子、出身校は日大がトップ

写真拡大

(株)東京商工リサーチは12月25日に「全国女性社長」の調査結果を発表した。

それによると社長の10人に1人が女性で、その割合の多い都道府県には西高東低の傾向がみられた。

また出身大学は「日本大学」、名前は「和子」、多い業種は「サービス業他」で、女性社長数が最も多い都道府県は「東京」だった。

この調査は東京商工リサーチの245万社(2012年9月時点)の代表者データから女性社長26万4,445人を抽出したもの。

調査は前年に続いて3回目となる。

「女性社長率」は全国平均が10.7%で前年より0.3ポイント上昇した。

都道府県別にみると全国平均を上回ったのは11都道府県で、上位20社をみると、西日本の15府県がランクインし「西高東低」の傾向がみられた。

「産業別社数」では宿泊業、飲食業、介護事業、教育関連などを含むサービス業他の10万1,407社(構成比38.3%)が最も多く、続いて小売業、不動産業となった。

産業別の「女性社長率」では、不動産業の20.5%が最も多く、次いでサービス業他が14.5%、小売業13.0%、金融保険業11.3%、情報通信業10.6%となっている。

女性社長の出身大学別では「日本大学」の246人が3年連続トップ。

次いで慶応義塾大学の217人、青山学院大学187人だった。

また名前では「和子」が3,831人で3年連続トップ。

2位は「幸子」、3位が「洋子」で、名前カナでは「ケイコ」「ヨウコ」「ヒロコ」の順となった。

売上高別では、トップが日本トイザらス(株)(モニカ・メルツ社長)、2位が(株)リクルートスタッフィング(渡邊由紀子社長)、3位がテンプスタッフ(株)(篠原欣子社長)、4位はみやぎ生活協同組合(内舘昭子理事長)、5位が(株)ディーエイチシー(高橋芳枝社長)だった。

上場企業数は26社で、産業別にみるとサービス業が6社で最も多く、次いで情報・通信が5社、小売が4社、化学とその他製品が各3社と続いた。