日本三大味噌のひとつ、宮城県“仙台味噌”の名店・味わい方を聞いてみた!

写真拡大

いよいよ寒さも本番。

あたたかい味噌(みそ)汁が飲みたくなる季節だ。

味噌といえば、老化防止や血液の循環をよくする抗酸化作用をはじめ、様々な効果があることで知られている。

一説によれば、味噌の中でも特に抗酸化作用があるといわれているのが赤味噌だとか。

というわけで今回は、赤味噌の代表格・仙台味噌にまつわるネタを、料理店の紹介とともにお届けしたい。

仙台味噌は、八丁味噌、白味噌と並ぶ日本の三大味噌のひとつ(※諸説あり)とも言われているが、どんな味噌なのだろう? 早速、宮城県内にある41社の味噌醤油メーカーで組織されている「宮城県味噌醤油工業協同組合」の方に伺ってみた。

そもそも、仙台味噌とはどんなものなのか? 起源をたどると、400年以上前の戦国武将・伊達政宗に行き着くようだ。

戦国の時代において味噌は大事な兵糧でもあったため、伊達政宗は軍用味噌を他に頼らず自給しようと考えた。

そこで、城下に大規模な味噌工場を設けたのだが、これが最初の味噌工場となり、仙台味噌の始まりと言われている。

一説によれば、他の藩の味噌は夏季に腐敗してしまったが、仙台藩の味噌は少しも変質せず味も優れていたのだとか。

評判が評判を呼び、他藩にも分け与えるようになったことから、一躍その名が知れ渡ったとも伝えられている。

仙台味噌は、大豆と米麹と塩を使って作られる「米味噌」の分類に入るが、一口に米味噌といっても様々だ。

麹や塩の分量、大豆を煮るか蒸すかなどによって食感や塩分濃度に違いが出てくるだけでなく、熟成期間の長短によって口当たりや風味も変わってくる。

一般的に赤味噌は、白味噌に比べて熟成期間を長くとることで知られている。

仙台味噌は、辛口の味、さえた赤色、しっとりとした光沢が特徴だ。

大豆のうま味を生かしたすっきりとした味わいなので、どんな料理とも相性がいい。

魚の生臭みを抑える役割も果たすので、サバの味噌煮などにもピッタリだ。

ところで、仙台では味噌を使ったスイーツもバリエーションが豊富である。

組合の方に教えていただいたものはどれも興味をそそられるものばかりであったが、特に気になったのは、「仙台味噌カステラ」と「仙台味噌プリン」。

さすがの伊達政宗も、400年後の人々が味噌をデザートに使っているとは夢にも思わなかっただろう。

ということは、今から400年後の2400年代には、味噌を使った新たな食品が登場しているのかもしれない。

そう思うとなんだか愉快な気分だ。

さて、続いては、仙台味噌を使った料理を食べられる人気のお店をご紹介させていただこう。

食材に宮城県産を使っている地産地消のこだわりの店、「古々がみそ」だ。

仙台市内に一番町店と仙台駅前店の2店舗あるのだが、今回は一番町店の佐藤店長に、おすすめの料理やお店で人気の料理などを伺ってみた。

レトロな雰囲気が漂う店内は、ゆったりとくつろげる空間。

存分にリラックスして宮城の味を堪能することができる。

友人や家族と訪れるのも一興(いっこう)。

後々まで色あせない時間を過ごすことができるだろう。

仙台味噌料理を中心に供するこちらのお店では、宮城県もしくは近県の食材を使うことにこだわっている。

お酒の種類も多く、日本酒、焼酎、ワイン、カクテルと様々にそろえているが、特に宮城の地酒(純米、特別純米)は豊富だ。

さらに、仙台味噌の種類も1種類だけでないというから驚きだ。

宮城県産の大豆と米麹を使って2年熟成させた味噌や、美容と健康にも配慮したこだわりの減塩味噌までそろう。

一番町店の佐藤店長のおすすめは、「牛タン仙台味噌焼き」「コラーゲンみそもつ鍋」「酢味噌で食べるお刺し身」「鍬(くわ)焼き」などで、忘年会・新年会ではもちろんのこと、普段から注文が殺到しているメニューのようだ。