500円以内で食べられる、大分県民一押しの超絶人気デザートとは?

写真拡大

大分県名物は新鮮な海鮮や温泉だけじゃない。

実は、豊かな素材をふんだんに駆使した、絶品スイーツの宝庫なのである。

今日ご紹介するのは、地元では知らない人のないほどの人気スイーツたち。

その中から、筆者イチオシの3店舗をご紹介しよう。

単にスイーツのおいしさが秀でているだけでなく、味わえるロケーションがまたすごい。

雄大な高原の真っただ中だったり、硫黄の香りムンムンの温泉郷だったり、ギャラリーのようなカフェ空間だったり。

まずご紹介するのは、かなりの有名どころ。

大分の人で知らない人はいない「岡本屋」の「地獄蒸しプリン」(230円)だ。

別府の山のふもと、観光客でにぎわう明礬(みょうばん)温泉という温泉郷で、この手作りプリンは生まれた。

このプリンは添加剤、防腐剤など一切なしのナチュラルな作り。

その味はしかし、あっさりではない。

一度食べるとやみつきになるような、ちょっぴりビターな強めの味わいなのだ。

カラメルが香ばしく、苦味とのコンビネーションの絶妙さに、固定ファンも多いとか。

日本茶もセルフで飲める。

ゆったりとしたひと時を、過ごしてほしい。

次にご紹介するのは、オープン当初から絶大な人気を誇る、久住高原のガンジー牧場。

併設されているショップ「ガンジーハウス」のソフトクリーム(350円)である。

シーズンを問わず、休日なんかにこの牧場へ行くと、駐車場を見て驚いてしまう。

ものすごい車の列なのだ。

さらにソフトクリームを販売しているブースの周辺も人の列だ。

「そこまでしてソフトを買うか!?」そう思いながら、試しにひとつ購入してみると、ううっ! 確かにうまいぞこれは。

そのへんのコンビニなどでは絶対に味わえない舌触りである。

バニラをベースにゴールデンミルクをたっぷり使用したというこのソフトクリームは、濃厚な甘さとなめらかな舌触り、切れの良い甘さが、いつまでも後をひく。

駐車場の人ごみに圧倒されて通り過ぎず、ちょっと車をとめてでも、ぜひ食べてみてほしい。

あなたもあっという間にリピーターになること間違いなしだ。

さて、最後。

3軒目は湯布院の「ことことや」だ。

名前を聞けば、大分や福岡のお洒落な若い女性ならば、「あ! あの店ね!」「行ったことある!」と、すぐにピンと来るだろう。

そんな湯布院の有名カフェの、これまた看板メニューをご紹介したい。

湯布院の金鱗湖(きんりんこ)からは少しだけ離れているが、川沿いをゆっくり歩くと店へ到着。

静かで人もまばら。

とてもいい雰囲気。

このカフェのおススメが、「林檎葡萄酒煮」(420円)である。

とてもシンプルな、だからこそ絶品といっていい、上質なスイーツである。

3日間煮こんだというリンゴは、歯ざわりもよいし甘さもちょうどいい。

生クリームと一緒に食べると、その素晴らしい風合いは感動モノだ。

カフェのおだやかなムードを楽しみながら、強めのコーヒーとのバランスも絶妙。

由布岳も向こう側に見えるなか、ぜひ心ゆくまで湯布院時間を堪能してほしい。

以上3軒は、大分っ子たちの間では、超メジャースイーツだ。

大分っ子は豊かな海の幸山の幸に恵まれ、舌も大変に肥えている。

そんな彼らの中でベストセラーになっているスイーツたち、観光で大分へ来た方々には、ぜひ一度トライしてみてほしい。