検察、内柴被告に懲役5年を求刑

ざっくり言うと

  • 26日、教え子への準強姦罪に問われた内柴正人被告の論告求刑公判が行われた
  • 被告は「合意の上だった」と無罪を主張しているが、検察側は懲役5年を求刑
  • 検察側は「酔って熟睡し、抵抗できない被害者を乱暴したのは明らかだ」と指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング