てのひらピカチュウ

写真拡大

ポケットモンスターのキャラクター玩具「てのひらピカチュウ」が復活を果たす。「てのひらピカチュウ」は1997年にタカラトミーから発売され、217万個以上の販売を記録したヒットアイテムだ。同製品を手のひらに置くと、センサーが反応して「ピカチュウ」と鳴き声が出る。今回復活するにあたりラインアップは「ピカチュウ」の機嫌別に3種類になり、センサーで反応する場所も増えている。発売日は2012年12月28日で、価格は前と同じで1334円。

「まったり」タイプは、背中なでると「ピーカー〜・・・」

発売されるのは「まったり」「なかよし」「ごきげん」の3タイプ。タッチセンサーが3か所に内蔵されていて、触ったときに流れる鳴き声はタイプごとに異なる。例えば「ごきげん」タイプのおなかに触ると、くすぐったがって「ピカピカ!」と反応し、「まったり」タイプの場合は背中をなでると「ピーカー〜・・・」と眠そうな声を出す。また、同製品で遊んでいると、ときどき鼻歌をうたう機能も搭載している。

同製品の発売を記念して「笑顔のフォトコンテスト」を実施する。「てのひらピカチュウ」で遊んでいる笑顔の写真を募集し、集まった作品は雑誌やタカラトミーのホームページで紹介。コンテストの入賞者には景品として「ポケモン商品セット」がプレゼントされる。募集期間は2012年12月28日〜2013年1月31日まで。