「GZ-EX370」(クリアブラック)

写真拡大

JVCケンウッドは2012年12月下旬、ハイビジョンビデオカメラ「Everio(エブリオ)」から、Wi-Fiネットワーク機能を強化した「GZ-EX370」「GZ-EX350」の2モデルを発売する。

価格はオープンだが、内蔵メモリーが32ギガバイトの「GZ-EX370」が6万円前後、16ギガバイトの「GZ-EX350」が5万5000円前後とみられる。

電源自動オン/パワーセーブも

パソコンとWi-Fi接続することにより、タッチパネル上の専用アイコンをワンタッチするだけで、記録した映像をパソコン内にワイヤレスで保存できる「ワイヤレスワンタッチバックアップ機能」を搭載する。

離れた場所からの操作やモニタリングを可能にする「モニタリング機能」では、専用アプリ「Everio sync. 2」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末から、Wi-Fiの接続に連動した本機の電源自動オン/パワーセーブを可能にした。別売りオプションのパンクレードル「CU‐PC1」(1万1025円)と接続すれば、遠隔操作で左右90度(合計180度)のパンが行える。

また基本性能では60倍ズームや、新開発「総画素数251万画素 高感度裏面照射CMOSセンサー」などを搭載する。