ビーズ、ブレーキと18段変速をプラスした、ピスト風のクロスバイク発売

写真拡大

ビーズは同社自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、ブレーキ・18段変速という利便性をプラスした” ピストスタイル” のクロスバイク(SS03、SS04)を発売する。

ピストバイクは、ブレーキと変速機のないシングルスピード自転車。

ファション性の高いモデルが数多く発売されたことにより、「おしゃれな自転車」として認知が一気に高まった。

しかし現在は、安全面での問題やアップダウンのある日本の都市において、シングルスピード車での走行はかなりハードなことから、その人気が収束傾向にあるという。

そこで同社は、ファッション性を保ったまま、安全性を高めるブレーキの採用と18段化を実現。

ファッション性に利便性をプラスした、ピストスタイルのクロスバイクを製品化した。

このほど発売する「SS03、SS04」は、ドッペルギャンガーのクロスバイク史上最速モデル。

主にロードバイクに用いられるシマノ製の変速機「SORA」を搭載し、53Tチェーンホイールと最小11Tフリーホイールを採用した。

同製品と同じ価格帯のモデルに採用されることが多い48T×14Tより、ひとこぎで進む距離を約1.4倍伸ばしている(条件・環境により異なる)。

同製品の価格はオープン(参考価格は7万9,600円)。

※2012年現在、ノーブレーキ自転車は道路交通法違反となり、日本の公道では走行できない