関西人なら誰でも知っている!? 奈良県にある1日中遊べる個性派健康ランド

写真拡大

温泉や銭湯が大好きな日本人は、健康ランドが大好きだ。

健康ランドとは、ジャグジーバスや薬湯、打たせ湯、サウナ、マッサージコーナーや食堂などを備えた大衆浴場のことであるが、その先駆けといわれるのが「奈良健康ランド」だ。

天理市の西端を走る国道24号線沿いにある奈良健康ランドは、岩盤浴や温水プール、食事処、リラクセーションまでそなえた、“スパリゾート”との呼び名の方がふさわしいような充実した施設だ。

いろいろな施設の中でも特に人気が高いのが、広々とした空間の中でスライダーや子どもプールを楽しめる屋内レジャープール。

温水プールなので年間を通して利用できるし、料金がリーゾナブルなのもうれしい。

その他、日本初のナノ酸素水テラピー風呂も好評だ。

関西在住なら、こちらの健康ランドには実際に遊びに行ったことがある人も少なくないだろうが、まだ足を運んだことがない人でも、昔からTVで流されている個性的なCMは必ず知っているものだ。

「奈良健康ラ〜ンド♪」のサウンドロゴを聞いたことがないという人は、関西にはまずいないはず。

奈良健康ランドの魅力は温泉やリラクセーションだけではない。

例えば今なら毎週金曜〜月曜に、吉本の芸人によるライブや人気の新喜劇が上演されているし、年間を通して個性的なイベントが様々に用意されている。

奈良健康ランドの横には「奈良プラザホテル」が併設している。

2010年にリニューアルしたばかりなので、どの部屋も清潔感にあふれている。

さらに、ここに宿泊すれば隣の健康ランドが自由に利用できるので、ゆっくり温泉や岩盤浴などを楽しむために宿泊する人は多いという。

その他施設内には、ファミリーレストラン「桃源郷」、角ハイボール麺酒場「天」や炭火焼肉「炎家」、そして宴会場と、様々な年齢層やシーンに合わせた食事処がそろっている。

入浴を楽しんだ後には、ゆっくり食事まで楽しむのがおすすめだ。

新しい魅力づくりも常に意識している。

現在は60歳以上ならば、平日の入場料が半額の500円になるプラチナバリューキャンペーンを開催中。

同ランドの支配人である内村友也さんは、「高齢化が進む中、シニアの人に喜んでいただくために企画しました。

好評なので来年も期間限定で続けたいですね」とコメント。

来春以降も、新しいイベントをいくつもお披露目予定だという。

「具体的なことはまだお話できませんが、地域の皆さまに楽しんでいただけるビッグイベントを、春休みや、夏休み期間中に実施したいと考えています。

その他にも毎月いろいろなイベントを計画していますのでご期待ください」(内村さん)。