子どもがもらうお年玉総額予想「1万円以下」が5割、その使い道は?

写真拡大

不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストは20日、「2013年予想 お年玉事情ランキング」の調査結果を発表した。

同調査は12月3日〜9日までFacebook上で行われ、797件の回答を得た。

「わが子がもらうお年玉の予想額(親から子どもにあげるお年玉を除く)」を聞いたところ、1位は「10,000円〜20,000円」の21%。

2位には「0円」が16%でつけた。

3位は「5,000円〜10,000円」「20,000円〜30,000円」がともに15%となり、全体の50%がお年玉総額「10,000円以下」の予想だった。

「お年玉の使い道」についての問いには、44%が「全額親が預かり、子ども名義で貯金する」と答え、子どもには渡さないことが分かった。

次いで「一定金額まで子どもにまかせ、残りは子ども名義で貯金する」が27%、「全額子どもにまかせる」が24%だった。

「全額親が預かり、生活費等に充てる」と答えた人も2%いた。

その他「お年玉をいつまであげるか」など調査の全文は「HOME'S 暮らしといっしょ」で閲覧できる。