占いに最高いくら使ったことがありますか? 最高額は●万円以上!

写真拡大

住宅情報を提供するオウチーノが運営する、賃貸サイト「キャリルーノ」は、20代から30代の女性550名を対象に「20、30代女子の占い実態調査」を行った。

調査期間は12月10日から12月11日。

「今、最も上げたい運気はどれですか?」と聞いたところ、半数以上の人が「金運」と回答。

次に多いのが「恋愛運(10.2%)」、「家庭運(8.7%)」だった。

未婚者だけを見ても、1位「金運(39.3%)」、2位「恋愛運(19.3%)」、3位「仕事運(11.9)」となり、既婚者は、1位「金運(57.5%)」、2位「家庭運(14.7%)」、3位「健康運(8.4%)」となっている。

このことから、20、30代女子が最も上げたい運気は、未婚・既婚を問わず「金運」であることが分かった。

「占いに1カ月で最高いくら使ったことがありますか?」と聞いたところ、0円と答えた人は47.6%で、52.4%の人が占いにお金を使った経験があることがわかった。

かけた金額で最も多いのは「1円から1,000円(19.3%)」、次が「1,001円から3,000円(16%)」で、「10,001円以上」かけたことがある人も2.6%いる。

「どのような占いにお金をかけたことがありますか?」という質問では、1位「対面鑑定(32.0%)」、2位「占いに関する本・雑誌(29.1%)」、3位「ウェブサイトの占い(15.5%)」となっている。

「自分の部屋の家具の配置や装飾を決める際、風水を取り入れていますか?」と聞いたところ、「取り入れている」が11.1%、「気にはなるが、取り入れていない」が49.6%だった。

「取り入れている」人にその内容を聞いたところ、「玄関をきれいにする」「鏡にカバーをかける」「玄関に観葉植物を置いている」「西側に黄色の物を置く」「トイレにラベンダー色のものを置く」などがあげられている。

詳細は、同サイトを参照のこと。