ノロで6人死亡の病院 院長も発症

ざっくり言うと

  • 宮崎県の病院でノロウイルスとみられる集団感染により6人が死亡した
  • この病院の院長が、ノロウイルスの症状を発症していたことが分かった
  • 院長は発熱した2日後に診療を取りやめ、看護師らに対応を指示
  • 十分な診療態勢が取れなかったことが感染拡大に影響した可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング