富士重工業とスバルテクニカが共同で『東京オートサロン2013』に出展

写真拡大

富士重工業は25日、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルと共同で、幕張メッセにて2013年1月11日から13日の日程で開催されるカスタマイズショー『東京オートサロン2013 with NAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)』に出展すると発表した。

ブースでは、「走りの愉しさを追求し続ける不変の精神〜Proud of BOXER〜」をテーマとして、スバルらしい独自性と魅力あるラインアップをファッションショーのランウェイ風に展示。

車両の向きを一方向に統一し、光・音・映像によってライブ感と疾走感に満ち溢れた空間を演出するとのこと。

展示車両は、「SUBARU BRZ GT300」「SUBARU IMPREZA WRX STI 2013 ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車」「SUBARU BRZ GAZOO Racing 86/BRZ Race」をはじめ、「SUBARU BRZ」「SUBARU XV」「フォレスター」ベースのコンセプトカーなど。