ホンダ、「N BOX」シリーズの改良とコンプリートカー発売を発表

写真拡大

本田技研工業は、「N BOX」と「N BOX +」をマイナーモデルチェンジして24日に発売。

また、新たに展開するコンプリートカーブランド「Modulo X」(モデューロ エックス)の第一弾として、「N BOX カスタム」をベースとした「N BOX Modulo X」を2013年1月18日に発売すると発表した。

N BOXとN BOX +のマイナーモデルチェンジでは、燃費を24.2km/L(JC08モード)に向上させるとともに、Gタイプにフルオートエアコンディショナー、G・Lパッケージに14インチアルミホイールとドアミラーウインカー、全グレードにエマージェンシーストップシグナルを標準装備。

また、N BOXにターボ仕様車の追加も行っている。

価格は、N BOXが126万円から158万円、N BOX +が136万円から176万7,750円。

N BOX Modulo Xは、専用カスタマイズパーツを生産ラインでベース車に装着して販売する、コンプリートカーブランド「Modulo X」の第一弾。

N BOX カスタムをベースに、走行テストや風洞テストを繰り返して検証したフロントグリル、エアロバンパー、ガーニッシュなどの専用エクステリア、新開発の専用ローダウンサスペンション、専用のインパネや本革巻ステアリングホイールとセレクトレバーなどを装備している。

価格はGタイプが178万円、G・ターボパッケージが188万円。