次長課長井上の『モンスターハンター4』初プレイ映像公開!”操虫棍”を大絶賛

写真拡大

カプコンは、公式サイトおよびYouTubeの「CapcomChannel」にてお笑い芸人・次長課長の井上聡による『モンスターハンター4』初プレイ映像の配信をスタートした。

今回配信された映像には、言わずと知れた「モンスターハンターシリーズ」芸人の井上が、『モンハン』シリーズの辻本良三プロデューサー、後輩芸人のコンマ二センチ堀内貴司、吉富Aボタンとともに『モンスターハンター4』を初体験し、その一部始終が約11分にわたって収められている。

もともと「ニセ企画」で呼びたされた井上、堀内、吉富Aボタンの3人は、突然の『モンスターハンター4』に戸惑いながらも、初となる高低差アクションや各武器の新アクションなどを体験。

特に井上は新武器「操虫棍」が大変気に入ったようで「超強い」「異常」「棍の時代」と絶賛していた。

その後はティガレックスと対峙し、崖の上への退避やウイルスといった要素も紹介。

井上は初プレイ後の率直な感想を「むかし通ってたが学校がリニューアルするみたいな」と表現している。

動画は「Vol.1」〜「Vol.3」の計3本が公開。

マルチプレイは「Vol.3」、「Vol.1」〜「Vol.2」では井上が新アクションや新武器、アクションをソロで体験しながら辻本プロデューサーが解説していく動画となっている。