【男性編】死ぬ前に一度は見てみたい、世界の絶景ランキング
神秘的かつアクセス困難なスポットが人気





日本人ほど、旅行好きの民族はいないそうです。実際、世界各地を訪れると、どこでも日本人に会いますからね。そんな旅行好きが死ぬ前に一度は見てみたい世界の絶景とは、どのようなものなのか? 458名の男性マイナビ会員にうかがいました。





Q.死ぬ前に一度は見てみたい、世界の絶景を教えてください(複数回答)

1位 青の洞窟/イタリア: 半没状態の海に面した洞窟 30.1%

2位 マチュピチュ/ペルー:高い山の尾根(標高2,280m )に所在する、15世紀のインカ帝国の遺跡 25.1%

3位 ナイアガラの滝:カナダ/滝の高さはあまりないが幅が広く、単独で流れる滝の水量では北米で最も規模が大きい 19.4%

4位 グランド・キャニオン:アメリカ/先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを目の当たりにできる 16.2%

5位 モン・サン=ミシェル:フランス/西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島。同名の修道院がある 14.8%







■青の洞窟

・「本物の海の青さが見られるから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「青がきれいそうだから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「テレビで見たが、生で見てみたい」(27歳/医療・福祉/専門職)





■マチュピチュ

・「テレビのドキュメンタリーで見るたび、一度は実際に見てみたいと思っている」(25歳/その他/クリエイティブ職)

・「RPGの舞台のようだから」(28歳/その他)

・「現地へ行くのも大変そうなので」(35歳/情報・IT/技術職)





■ナイアガラの滝

・「ボストンに行ったとき、ついでに行こうかと思ったのですが、日程が合わず、残念に思っています」(53歳/情報・IT/技術職)

・「迫力がありそう」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「テレビで見て、実際に生で見たいと思った」(33歳/その他)





■グランド・キャニオン

・「自然の雄大さを感じてみたい」(26歳/不動産/その他)

・「何度も映像で見る機会があり、壮大さと圧倒的な迫力を肌身で感じたい」(29歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「まずはアメリカが好き。その中でもグランド・キャニオンはあこがれの地です」(40歳/その他/事務系専門職)





■モン・サン=ミシェル

・「ここで結婚式を挙げたい」(30歳/金融・証券/専門職)

・「写真を見て、とてもきれいだったから」(37歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「夕日がきれいそうなので」(27歳/自動車関連/技術職)





■番外編:自然美だろうと人工美だろうと関係ない

・オーロラ:アラスカ/天体の極域近辺に見られる大気の発光現象「最高の自然現象だと思う」(35歳/通信/技術職)

・ストーンヘンジ:イギリス/南部・ソールズベリーから北西に13km程に位置する環状列石(ストーンサークル)「人工物なのに神秘的だから」(23歳/団体・公益法人・官公庁)

・セーシェル:セーシェル共和国/海の美しさから「インド洋の真珠」と呼ばれている「すごくきれいと聞いたことがある」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





総評

1位は「青の洞窟」でした。パスタの商品名になっているほど有名なスポットということで、その名前が広く知られていたのも1位の理由でしょう。写真、テレビ、口コミなど、その魅力を見聞きし、本物をイメージした人も多い模様。まさに「一度は見てみたい」にふさわしい絶景ですね。





2位は「マチュピチュ」でした。行くのが大変というのが、興味をよりかき立てるようです。加えて、現実離れした神秘的天空都市ということで、「行った友達の人生観が変わった」なんて意見も。パワースポットととらえている人も多いようでした。





3位は「ナイアガラの滝」。誰でも知っているメジャーな観光スポットということで、ランクインしたようです。多くの人が雄大さや壮大さを体験したいとのこと。ただ中には「飛び降りたい」なんてビックリコメントも。一方で、マイナスイオンの発生スポットである滝として、純粋に魅力を感じているとの意見も多くありました。





ランキング内外問わず、実際に現地に行った人からすすめられることが多いようです。また、テレビの影響力も大。例えば特集番組などが組まれたスポットはその後、人気が高くなる傾向があるようです。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)





調査時期:2012年10月15日〜2012年10月20日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性458名

調査方法:インターネットログイン式アンケート