日本航空、グループ統一の新デザイン制服を2013年上期から導入

JALグループは、2013年度上期から、航空運送事業に関わる全部門(計 約26,700名)の制服について、グループ内で統一性を持った新デザインに変更すると発表した。

新デザインでは、従来異なるデザインだったJALグループ(JAL、JEX、J-AIR、JAC、JTA、RAC)の客室乗務員や搭載・貨物部門の制服のデザインが統一される。
客室乗務員については、グループ各社の特色が、色違いのスカーフで表現される。

【関連:子連れ親子が空の旅を快適に過ごすテクニック】
 
今回の客室乗務員、地上接客部門(空港・貨物など)の新制服デザインについては、デザイン構想の段階から、デザイナーの丸山 敬太氏が制作・監修として参加している。

JALグループ新制服JALグループ新制服
JALグループ新制服JALグループ新制服