仲の良いカップルほど花を贈る回数が多い!? - 花に関するアンケート

写真拡大

花図鑑サイト「みんなの花図鑑」を運営する花の製作委員会は21日、「花に関するアンケート調査」結果を発表した。

同調査は、12月3日〜17日に実施。

「みんなの花図鑑」アンケート画面にて、10代〜80代の男女1,018サンプル(男性:405人、女性:613人)の回答を取得した。

「クリスマスのプレゼントにもらいたい花」を聞いたところ、年代が高くなるにつれて、「シクラメン」の人気が高い結果となった。

20代以下ではクリスマスにシクラメンをもらいたいと答えたのが9%だったのに対し、60代以上の人は42%の人がクリスマスにシクラメンをもらいたいと回答。

また、若い世代になるにつれてクリスマスローズの人気が高くなる結果となった。

「プレゼントされて一番うれしかった花」では、「バラ」が1位に。

約4人に1人が一番うれしかったと回答した。

以下、「ラン」「コチョウラン」と続く。

「パートナーとの仲がとても良い」と答えた人ほど「花が好き」な人が多い結果に。

パートナーとの仲が「とても良い」人のうち、花がとても好きな人の割合は69%だったのに対し、パートナーとの仲が「あまり良くない」「非常に良くない」と回答した人のうち、花がとても好きな人は43%だった。

また、「パートナーとの仲がとても良い」「そこそこ良い」と答えた人のうち、22%〜26%は年に2〜3回以上花をパートナーに贈っている。

「仲があまり良くない」「非常に良くない」と答えた人で花を年2〜3回以上贈っている人は、8%〜17%。

また、「仲が悪い」と回答した人ほど、花を贈った経験がないことが明らかとなった。

調査では、パートナーとの仲が良い人ほど、パートナーに花を贈る頻度が高いと分析している。

その他、調査結果の詳細は「花に関するアンケート」結果レポートで参照できる。