ベクター、台湾産MMORPG『BOUNDRA』日本独占契約締結―サービス時期は2013年夏頃予定

オンラインゲーム事業などを手がける、株式会社ベクターは、台湾のInterServ International Inc.が開発し、台湾で近日サービス開始予定の、原題『界天Online』、邦題『BOUNDRA』(バンドラ)の、日本における独占配信権契約を取得したと発表した。

【関連:「こびとづかん こびと観察セット」出荷20万本突破】
 
『BOUNDRA』(バンドラ)は、ファンタジーをテーマとしたMMORPG。
本作の最大の特徴は、洗練されたグラフィックと、ギミック満載のダンジョン、
戦闘から生産のサポートまで多方面で頼りになるペット、さらに華麗なる秘技が織りなすフィニッシュスキルの数々。

なお、日本国内でのサービス開始予定は2013年夏頃としており、その他詳細情報については後日改めて発表するとしている。