東京都・新橋駅前に、「100円ワイン」を提供する「三笠バル」がオープン

写真拡大

浜屋はこのほど、東京都・新橋に100円ワインを主力としたレストラン「三笠バル」をオープンした。

同店の特徴は、100ml=100円の「100円ワイン」。

これまでのレストランに見られた「飲み代が高くついて、料理が十分に楽しめない」という不満を解消することが目的だという。

ボトルワインは2,800円からで、おおよそ3,000〜6,000円のものをラインナップ。

食後酒も多く用意し、コーヒーではなく食後酒での締め方を提案する。

さらに料理も、仲田輝男シェフの「身体が喜ぶものは”うまい”につながり、うまいと感じたものは、身体が喜んでいる証拠」との発想のもと、野菜は、土浦の久松農園など3社から仕入れる無農薬野菜を使用。

埼玉の岡本自然農園で飼育された鶏卵、平飼い自然卵や、肉類には富士桜ポーク、千代幻豚、尾崎牛などのブランド肉を使用するなど、身体に良いものを中心に素材をそろえているという。

「三笠バル」は、東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2階。

営業時間は17時〜23時。

定休日は日曜・祝日。

客席は58席を用意する。