左 ラグビー大家さんこと福永昇三さん。元ラグビーU23日本代表。明治大学ラグビー部コーチ。横浜に区分マンション、群馬にアパートを購入した経緯と2012年に沖縄移住をした理由などについて聞きました。 撮影/和田佳久

写真拡大

新米大家のレッド吉田さんが、全国の先輩大家さんから「不動産投資で成功するための極意」を学ぶ新連載がスタート! 初回の対談相手は都内の大学でラグビーコーチを務める「ラグビー大家」こと福永昇三さん。家賃収入を背景に、沖縄移住を果たした福永昇三さんの自由な生き方に、レッドさんは何を思う???

[参考記事]

●“大家芸人”を襲名!? 芸人がアパート経営を始めたら…(TIMレッド吉田さん)

●元U23日本代表 ラグビー大家さんが提言「スポーツ選手こそ資産運用を考えよう!」(ラグビー大家こと 福永昇三さん)

『金持ち父さん』を読んで外車の代わりに不動産を買う


レッド吉田(以下 レッド) こんにちは! ラグビー大家さんというだけあって、大きいですね〜。どのくらいあるんですか?

福永昇三(以下 福永) 身長190センチ、体重100キロです。でも、ラグビー選手の中では特別大きくはありませんよ。大家さん業界では大きいと思いますが(笑)

レッド ハハハ! 福永さんはいつから不動産投資を?

福永 26才のときですから、11年前です。最初に横浜の区分マンション、次に北関東の中古アパートを2棟買いました。先に不動産投資をしていた兄に『金持ち父さん 貧乏父さん』を読むように言われたのがきっかけです。

レッド なるほど。それまでに不動産投資に興味を持ったことは?

福永 なかったですね〜。お金が入ったらすぐに、でかいアメ車かごつい腕時計を買いたいと思うタイプでした。スポーツ選手ってだいたいそうじゃないですか(笑)

レッド はい、確かに(笑)でも福永さんは、お兄さんのアドバイス通りに外車を買わずに不動産を買ったんですね。

福永 そうです。当時は群馬県太田市に拠点があるSANYOというチームに所属して朝から晩まで練習していました。でも、田舎なので、練習の後やオフの日ってやることがないんですよ。それで、時間があると不動産屋をのぞいて物件を探しました。「ちーっす。アパートとか売ってないですかね〜」という感じで。

レッド 福永さんのようなガタイのいい人が突然やってきて、不動産屋さんも驚いたでしょうね。その方法で、アパートを見つけたんですか?

福永 はい。当時はPCも持っていませんでしたし、それしか方法がなかったんです。最初の区分マンションは、チラシを見て買いましたが、北関東の中古アパートは、そうやって歩きまわる中で紹介されたものです。ブーム前だったこともあり、利回りは1棟目が表面利回り15%、2棟目が25%くらいありました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)