●永遠の誓い

(画像:amazon.co.jpより)
©IF・DF/「緋色の欠片」製作委員会


平成24年10月期のTVアニメ「緋色の欠片 第二章」がTOKYOMXテレビその他で放映されています。

※平成24年4月期「緋色の欠片」の続編にあたる作品です。

主人公の春日珠紀は、両親の海外転勤を機に、祖母が住む母の実家がある季封村に引っ越しました。しかしその村で珠紀は突如カミサマと呼ばれる奇妙な生き物達に襲われます。珠紀を救ったのは、不思議な能力を操る鬼崎拓磨という少年。
そして彼女の使命は「玉依姫」として鬼斬丸という刀の封印をすること、異形の集団「ロゴス」との戦い、彼女の守護者と呼ばれる少年達、春日珠紀の運命や如何に?

主なキャスト
春日珠紀(かすが たまき):三宅麻理恵さん
鬼崎拓磨(おにざき たくま):杉田智和さん
鴉取真弘(あとり まひろ):岡野浩介さん
狐邑祐一(こむら ゆういち):浪川大輔さん
犬戒慎司(いぬかい しんじ):下和田ヒロキさん
大蛇卓(おおみ すぐる):平川大輔さん
狗谷遼(くたに りょう):野宮一範さん
言蔵美鶴(ことくら みつる):藍川千尋さん
宇賀谷静紀(うがや しずき):久保田民絵さん
芦屋正隆(あしや まさたか):永野善一さん
多家良清乃(たから きよの):三森すずこさん
アリア・ローゼンブルグ:磯村知美さん
アイン:安元洋貴さん
ツヴァイ:川原慶久さん
ドライ:上田燿司さん
フィーア:大原さやかさん
おーちゃん:山口立花子さん

●アインの忠誠心
ドライ「お前の望み通り、モナドと共に死への旅へと出るが良い!」

アリアと彼女を守るフィーアと共に鬼斬丸の妖術による雷で殺害しようとするドライですが…。

アインが間に入り彼が雷の直撃を受けます。アインの忠誠心は最後まで消えず、しかしドライはそんなアインを虫けらの如く見下しながらアリア達に止めを刺そうとします。

そこにやってきたのが鬼崎拓磨。ドライとの決着や如何に!
●アインの死
アイン「俺の名はレイフ・ヘルランド。鬼よ、大切なものを守れ!」

アインはそう言い残すと事切れます。

ドライ「今、全てを失おうとしている君たちにとって皮肉な言葉だと思ってね!」

ドライは400年前、魔術を持つがゆえ人間から迫害を受けてきた、そのため彼は人間に対して極度の不信感を持つようになったと言う事です。さらにホムンクルスとしてフィーアを精製するときに大蛇卓の母をモデルとしたのも守護者達(特に大蛇卓)が彼女と戦う事を躊躇させるため。

※大蛇卓の母は生贄として沼に沈めて殺害されているようです。

また、アリアの両親を殺害し、彼女を聖女として祀り上げたのもドライ。それを知ったアリアは…。
●玉依姫VSドライ
ドライは鬼斬丸の魔力によってアリアやフィーナ、守護者達を殺害しようとします。

そのドライが欲するのは鬼斬丸を操る事を容易にする玉依姫である春日珠紀だけ。

もちろん春日珠紀はドライの要求を断り、守護者達と共にドライと戦う事になります。

春日珠紀の玉依姫としての能力解放、そして完全覚醒。それによって守護者達の能力を限界まで引き出し、その結果、ドライは滅びることになります。
●鬼斬丸の消滅
鬼斬丸により多くの人が殺されてきた、そんな力は不要とばかり春日珠紀は鬼斬丸の消滅を祈ります。

すると鬼斬丸は湖の底へと消えていきます。

全てが終わった、鬼斬丸の呪縛も守護者としての役割も全てが終わったわけですが…。

春日珠紀は季封村から出ていく日、授業をサボって彼女を見送りに来た鬼崎拓磨(ちなみに守護者全員が見送り)。

必ず季封村へ戻ってくる事を約束する春日珠紀、彼女達のその後の話はまた別の機会で…。

「緋色の欠片 第二章」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第12話「鬼斬丸の帰趨!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第11話「宇賀谷静紀の死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第10話「それぞれの結末」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第9話「それぞれの誤解」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第8話「生きる為の逃亡」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「緋色の欠片」TVアニメ公式Webサイト
緋色の欠片(通常版)