バレンタイン向けチョコビール、神奈川県厚木市の地ビールメーカーが販売

写真拡大

神奈川県の地ビールメーカー、サンクトガーレンは2013年1月10日より、バレンタイン向けのチョコレート風味ビール(通称チョコビール)を3種のフレーバーで発売する。

「インペリアルチョコレートスタウト」は、高温焙煎(ばいせん)した“チョコレート麦芽(モルト)”というビール本来の原料を使用し、チョコレート風味を引き出した。

高カカオのチョコレートのように、ほろ苦くビターな味わいが楽しめる。

アルコールが8.5%あり、ワインのように2年間熟成が可能。

330mlで630円。

オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子“オランジェ”をイメージしたビール。

マーマレードの原料として使われる“橙(だいだい)”というオレンジを皮ごと細かく刻み、ビールの基になる麦汁(ばくじゅう)に合わせて発酵させた。

飲んだ後には、マーマレードのような皮の苦味が口の中に広がる。

330mlで525円。

濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませた「スイートバニラスタウト」は、飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのような味わい。

エッセンスなどの人工物は一切添加せず、一流パティシエも使用する パプアニューギニア産のAグレードバニラを使用している。

330mlで450円。

同商品は通年販売する。

販売は同社オンラインストアで受け付ける。