●神様はじめました

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会

TVアニメ「神様はじめました」がテレビ東京、AT-X他にて放映されています。

<キャスト>
桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
猫田あみ:佐藤聡美
上島ケイ:清水香里
鬼切(おにきり):新子夏代
虎徹(こてつ):大久保ちか
龍王・宿儺:浪川大輔

●ストーリー
父親が家出して、若い身空でホームレスとなってしまった女子高生・桃園奈々生。困っている奈々生の前に「私の家を譲りましょう」という怪しい男が現れる。男の正体は、土地神ミカゲ。
奈々生は家(=廃神社)と引き換えに神様の仕事を任されてしまい…!?
 しかも社には、性格最悪で凶暴な妖狐・巴衛が神使として居座っていた。社の精である鬼切と虎徹に励まされながら社の仕事をこなす奈々生に、巴衛はいつも悪口ばかり。

ある日奈々生は鬼切から「神使の契約を結べば、巴衛が絶対服従する」という話を聞く。喜びいさんで契約方法をきくと「口づけ」だって…? 

「冗談じゃない!巴衛とキスするぐらいなら出て行ってやる!!」 

奈々生の明日は果たして!?
●奈々生、神社を出ていく!
乙比古の瘴気による試練の結果、己の無力さを自覚した奈々生は神社を出る事にします。

彼女を探す巴衛と瑞希、しかし彼女が行く先の見当もつかない巴衛は学校へ向かいますが…。

学校に彼女はいません。あまりにも憔悴している様子を鞍馬に指摘され苛立つ巴衛ですが…。

※その奈々生は白札「空気」の護符によって存在を消しているため、巴衛には発見出来ないようです。
●奈々生にしか出来ない事
神社を飛び出した奈々生、公園のベンチに座っていると女子高生がミカゲ社の祭の噂をしています。

※ちなみに通りすがりの女子高生の会話を良く聞くと「英君と鈴木君とかも誘おうよ!」、という台詞があります。英君と鈴木君は「ポヨポヨ観察日記」の登場人物。この女子高生の担当声優の千葉芙美香さんは「ポヨポヨ観察日記」にも出演なされている関係もあり、監督(大地丙太郎さん)のお遊びと思われます。

奈々生「あそこは、ミカゲ社は、私の家だ。私の家は私が守るんだ!」

女子高生がミカゲ社の祭を楽しみにしている。そのことで立ち直る奈々生。彼女しか出来ない事、それは…。
●瘴気の暴走!
宝物庫が瘴気に満ち溢れています。これは乙比古の出した者では無くミカゲ社に古くから封印されていた土蜘蛛の瘴気。以前ミカゲが封印した瘴気が暴走してしまったようですが…。

ミカゲ社に戻ってきた奈々生。彼女は土蜘蛛の瘴気を封じ込めようとしますが、その方法は神楽を舞う事!

1週間前はあまりの酷さに巴衛も匙を投げていた奈々生の神楽でしたが、割と綺麗に出来ています。ところが、

巴衛「ここでいつも躓くところだが…。」

そう思っていると、やっぱり躓いた奈々生。土蜘蛛に襲われそうになりますが…。

巴衛は奈々生を助けに入り、彼女の手にキスをします。これは彼女と彼の主従の証、そして奈々生は…。
●いよいよミカゲ社祭
土蜘蛛退治の神楽の舞を全力で演じ切り眠ってしまう奈々生、彼女を膝に乗せる巴衛。

ミカゲ社の祭の設営には沼皇女が協力、更に龍王・宿儺もやってきて大変盛り上がります。

祭りでの最大の見せ場は奈々生の神楽の舞。毎回のように失敗していたのですが、今回は上手く出来たようです。

普段は滅多に奈々生を褒める事が無い巴衛。そして、

巴衛「神使の契約をしても良いか?」
奈々生「神使の契約ならもうしているよ。」
巴衛「心からだ!」


つまり巴衛は奈々生にキスをしたわけで…。

「神様はじめました」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「神様はじめました」第12話「奈々生、神楽を舞う!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第11話「奈々生の簪」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第10話「合コンはじめました!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第9話「元の鞘」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第8話「龍王・宿儺との因縁」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「神様はじめました」TVアニメ公式Webサイト
「神様はじめました」AT-X公式Webサイト