末期がん医師「復興への思い」

ざっくり言うと

  • 福島県南相馬市で、末期がんの医師が闘病生活を送りながら診療を続けている
  • すさまじい副作用に襲われ、吐き気が止まらず一晩で体重が3kg減少したことも
  • 医師は「震災で亡くなった人を思えば、私はまだまし」と南相馬市にとどまった
  • 「南相馬、そして日本の復興のためやり残したことがある」と若手の育成などにも尽力

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング