JR運転士が嘔吐、列車4本が運休

ざっくり言うと

  • 24日、JR新夕張駅で男性運転士から「体調が悪い」と指令センターに連絡が入った
  • 運転士は同駅や列車内のトイレで嘔吐しておりノロウイルス感染の可能性があった
  • JRは乗務した1両について清掃と消毒を行い、その影響で普通列車4本が運休

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング