なでしこ近賀、全治6ヶ月の重傷

ざっくり言うと

  • 22日に行われた準決勝の浦和戦で負傷した、INAC神戸の日本代表DF近賀ゆかり
  • 右膝の前十字じん帯断裂および半月板損傷で全治6カ月ということが判明
  • クラブの広報によると、「2〜4週間後に腫れが引いたところで手術をする」とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング