心病む教員の数、深刻な状況続く

ざっくり言うと

  • 昨年度に精神疾患で休職した公立小中高校などの教員は前年度より133人少ない5274人
  • 2年連続の減少だが、調査を始めた1979年度の約8倍で、依然として深刻な状況
  • 文科省は「効果的な予防策を検討していきたい」としている。

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング