ゼニア最高級コレクションから新フレグランス登場

写真拡大

 「Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)」 のクチュールコレクションがインスピレーション源となった最新フレグランス「Essenze(エッセンツェ)」が登場した。ユニークな産地の原材料から制作された5種類のフレグランスコレクションは、先行販売中の新宿グローバルストアをはじめ、2013年4月からは丸の内店や名古屋店を含めた5店舗でも販売される。価格は各23,100円。

ゼニアの新フレグランスの画像を拡大

 ファブリックを厳選する最高級コレクションのようにフレグランスの原料を組み合わせたという「Essenze (エッセンツェ)」は、コレクションに統一感をもたせるため、カラブリア産のイタリアン・ベルガモットを共通の香料に採用。各フレグランスを収めるガラスボトルには、カスタムメイドのファブリックラベルに各香りのキーノートを取り入れた同系色のボーダーデザインがあしらわれている。制作には世界的に活躍する調香師が携わり、ピエール・ネグリンによる「イタリアン ベルガモット」は都会の洗練された男性ためにウッディ系の香りを組み合わせ、ハリー・フレモントが手掛けた「シシリアン マンダリン」ではマンダリンをそのまま使いムスクなどでバランスを調整。また、ジャック・キャバリエによる「インドネシアン ウード」は似通った構成をするものがほとんどないというウードウッドの香りでデザインし、「フロレンティーン アイリス」には3種類のアイリスを使用。フランク・フォルクルが手掛けた「ジャバニーズ パチョリ」はピンクペッパーやシダーウッドなどで構築的な香りに仕上げた。現在は限定店舗のみの販売だが、2013年からはグローバル展開が予定されている。

■Essenze発売時期
 2012年12月末〜:Ermenegildo Zegna新宿グローバルストア
 2013年4月〜:(新宿店に加え)丸の内店、名古屋店、阪急梅田店、博多大丸店、有楽町阪急店

 容量:125ml