LiSA、ZEPP TOKYOワンマンライブに2,700人! 新曲初披露&全国ツアー発表

写真拡大

2010年放送のTVアニメ『Angel Beats!』にて劇中バンド「Girls Dead Monster」(通称:ガルデモ)の2代目ボーカル・ユイとして抜擢され、その後2011年4月にミニアルバム「Letters to U」でソロデビューを果たし、同年11月発売の1stシングル「oath sign」(TVアニメ『Fate/Zero』OPテーマ)、今年8月発売の2ndシングル「crossing field」(TVアニメ『ソードアート・オンライン』OPテーマ)が2作連続でオリコン週間シングルランキング初登場5位、CDセールス10万枚&配信10万DLを達成したLiSA。

2012年は、1stフルアルバム「LOVER”S”MiLE」をリリース(オリコン週間アルバムランキング7位)、初の野外ワンマンライブ日比谷野外大音楽堂公演が大成功。

さらに国内だけでなくロサンゼルス・上海・インドネシア・シンガポールなど海外でのライブ活動も行い、国内外でめざましい活躍を見せた1年となった。

そんな、LiSAにとって飛躍の1年となった2012年を締めくくるデート(=ライブ ※LiSAは自身のライブをデートと呼ぶ)「LiVE is Smile Always〜LiSANTALAND〜」が、12月23日(日・祝)、ZEPP TOKYOにて開催された。

チケットは発売数分で即ソールドアウト。

ライブ本番は、男性が中心ながら、女性ファンも急増中の”LiSAっ子”たちが、開演前から期待と興奮で会場内を満たす。

開演時間の17時00分が過ぎ、ステージセンターには”LiSANTALAND”の文字、下手側にはクリスマスツリーを模したイルミネーション。

オープニング曲「KiSS me PARADOX」のイントロが会場内に響き、赤いタータンチェックのケープを身にまとったLiSAが登場すると、会場の興奮は一気にピークに。

続いて1stミニアルバムから「妄想コントローラー」で会場を煽りまくるLiSA。

最初のMCでは、ファンを煽りながらも、すし詰めの会場を思いやり、「つらそうな人がいたら声かけてあげてね」。

”愛と思いやり”を常にファンに伝えるLiSAらしい言葉。

そして、「LiSANTALANDのデートは○○ランドのデートに負けない!」と最高のデートにすることを宣言する。

そしてガルデモ曲「23:50」「Morning Dreamer」と2曲を披露。

途中「Santa Claus Is Comong To Town」を挟み、クリスマススタンダード曲をLiSAアレンジで聴かせる。

続くLiSA本人曲「ナミダ流星群」は、バラードでしっとりと聴かせ観客を魅了。

そして大ヒット曲「oath sign」で再びオーディエンスの大歓声がZEPP TOKYOを包みこむ。

立て続けにアッパーな2曲「永遠」「覚醒屋」を「Letters to U」から披露。

熱気に満ちた会場をクールダウンさせるかの如く、ここで2度目のMCタイムに。

”デート”後半戦は、静かなバラードからスタート。

LiSAの<いつまでも変わらない気持ち>を綴った大切な3曲「いつかの手紙」「Believe in myself」「変わらない青」を歌いあげると、ZEPP TOKYOは先ほどまでの熱狂から感動的な空間へと変化する。

その後のMCでは、今年世界で大ブレイクしたあのアーティストと、日本の某芸人さんのフレーズの意外な因果関係をLiSAなりに分析!? 最後に会場へ気合を投入して、1stフルアルバム「LOVER”S”MiLE」からの1曲となる「EGOiSTiC SHOOTER」へ。

赤色灯がLiSAとバンドの演奏と共に観客をアジテーション。

そして、立て続けに今年の大ヒット曲「crossing field」で、LiSAと観客が完全に一体化する。

「ヘーオー」「メリクリ」とLiSAが観客にレスポンスをディレクションし、デートは終盤に突入。

アゲアゲな「confidence driver」、もはやライブ定番曲「WiLD CANDY」ではミラーボールの中、サビで観客がお決まりの踊りでLiSAに呼応し、そのまま間髪いれずバックバンド”らーメンズ”のメンバーを紹介する。