投票総数が650万票を超えた今年の「ゆるキャラグランプリ」。愛媛県今治市の観光キャラクター「バリィさん」がグランプリを獲得しましたが、都内で一番票を集めたのは、約3万2000ポイントを集めた国分寺市の「にしこくん」。

 そんな「にしこくん」のファンブックが完成しました。インパクトの強い形状につい目が行きがちですが、「にしこくん」には悩み事や趣味がファンブックで明かされています。

 そもそも「にしこくん」は現在2歳(2010年10月12日生まれ)。これは人間でいうとお酒の飲める年齢だとか。そのため、ビール・日本酒を好んで飲むと公言しています。血液型は、瓦のため注射器が刺さらないので不明。身長・体重は、大きくなったり小さくなったりするので、本人もわかっていない様子です。口癖はTwitterでもおなじみの「ブーン( *`ω´)」。そして、「にしこくん」の悩み事は、カラー写真で撮っても、なぜか自分だけモノクロに写ってしまうこと。何だか地味な悩み事ですが、本人はかなり気にしているようです。趣味は、いかにしてゆるく過ごすかを探求すること。木の上で寝たり、ごろごろしたり、おかしを食べたり、マンガを読んだり。観光業務以外は、意外とゆっくり過ごしているようですね。

 続いて、100個の質問に答えた「にしこくん」。仲良しのゆるキャラは、くまモン先輩とバリィ先輩で、酔っ払って終電に乗った時、西国分寺駅ではなく中野駅で降りてしまったことや、ポーズの時のつま先の角度には譲れないこだわりを持っていることなど、「にしこくん」の秘密が明かされています。

 知れば知るほど、キュートな「にしこくん」。来年の「ゆるキャラグランプリ」ではグランプリ獲得となるでしょうか。2本の足で喜びを表現している「にしこくん」の姿を見てみたいものです。



『ブンブンブック にしこくん』
 著者:
 出版社:講談社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
電子書籍購入で宇宙服が当たる? ウェブストアでユニークなキャンペーン
花火を見て切ない気持ちになるのは日本人だけ?
短所の渋滞を起こしている時に使いたい、ピース・又吉発案の四字熟語「馬面猫舌」


■配信元
WEB本の雑誌