遭遇率100%! 熊本県天草で野生イルカの天然パフォーマンスに魅せられる

写真拡大

野生のイルカの群れを見ることができる海が、九州は熊本の天草にあると筆者が聞いたのは半年ほど前のこと。

それもイルカの王様といってもいいミナミハンドウイルカが、観光船のすぐ近くまで寄ってくるのだという。

真意のほどを確かめるべく、ライターの清田進が天草市五和(いつわ)地区の二江(ふたえ)を訪ねた。

「天草イルカマリンワールド」の船は、朝10時に二江港を出港する。

これがイルカウォッチングの船旅のはじまりだ。

乗船客を見渡すと、家族連れ、夫婦、カップルなど様々だが、中年のオッサン1人というのは筆者くらいのものだ。

乗船時間は1時間。

このわずかな所要時間の間に、野生イルカの群れになどお目にかかれるのか? そう、すこーしナナメから海面を眺めて進むこと、約10分がたったころか。

船首右手に明らかに人間以外の「何か」がいるのだ。

われわれがハッと息をのむやいなや、強烈な水しぶきが上がり、その何かが太陽を映す海面に高々と飛び跳ねた。

まさしく、ミナミハンドウイルカである。

それも3頭! 乗客たちは一斉に歓声を上げるが、このイルカたちはなれたもの、悠々とマイペースに高飛びを繰り返している。

見れば、高飛びを見せたイルカが行く先にも、20〜30頭のイルカの群れが泳いでいる。

圧巻である。

その昔放映されていたテレビ番組「野生の王国」を思い出させるド迫力。

「オオオオル、おるぞ、イルカだアッ」思わず博多弁で叫んだ筆者は、その声で周りの家族連れを驚かせた。

それからというもの、船の中は感激の祝祭とでもいう熱狂的な状況に陥った。

イルカに向かって必死に手を振り回している老人もいる。

面白いのはイルカたちの人間に対する反応だ。

ぐんぐん船が寄っていくと、イルカたちは逃げるどころか船に伴走をはじめるもの、中には船に頭を向けて笑っている(ように見える)ものまでいる。

思わず船舷(せんげん)から身体を乗り出すと、手が届きそうな至近距離までヤツらは寄ってきては、またすすーっと離れていくのだ。

この野生のイルカたち、一体どこに住んでいるのかとガイド氏に問うと、どうやらここ五和地区の二江の先に浮かぶ通詞島(つうじしま)沖らしい。

その数、総勢200頭ほど。

数グループを作り、通詞島の亀子灯台の近くに住みついているという。

沖1kmほどの海面を潮が満ちると東側の鬼池沖まで移動し、引き潮になると再び戻りながら、餌を追ったり、遊んだりして過ごすのだという。

そう。

「ミナミバンドウイルカ遭遇率100%」のキャッチコピーは事実だったのである。

しかも「遭遇」だけではないところがポイントだ。

遠くから双眼鏡で野生の群れを眺めるのではなく、ここ天草では、至近距離までイルカが寄ってくるのである!天草の島々と雲仙を遠く望む島原半島をつなぎ有明海へと入っていく、この水道にイルカたちが長いこと住みついているワケは、実のところ謎らしい。

しかし、理由はどうであれ、人間の生きる場所のすぐ近くに野生のイルカたちがこんなにも自由に美しく生きているというのはうれしいものだ。

船を下りた後も、不思議とあたたかいものが心に残る、そんな天草のイルカウォッチング体験であった。