パリ発メンズブランドAMI Alexandre Mattiussi 本格上陸

写真拡大

 フランスのメンズブランド「AMI Alexandre Mattiussi(アミ アレクサンドル マテュッシ)」が、日本に本格上陸する。2013年春夏シーズンから、日本の総代理店としてDiptrics(ディプトリクス)がセールスを担当。セレクトショップを中心に展開が予定されている。

メンズブランドAMI Alexandre Mattiussi 本格上陸の画像を拡大

 「AMI Alexandre Mattiussi」は、1980年生まれのデザイナーAlexandre Mattiussiが、「Dior(ディオール)」、「Givenchy(ジバンシィ)」、「Marc Jacobs(マーク ジェイコブス)」などでメンズウェアのキャリアを積み、2011年に初めて自身で立ち上げたブランド。パリのメンズファッションウィークに参加し、2012年春夏シーズンのデビューコレクションをプレゼンテーション形式で発表して話題を集めた。最新の2013年春夏コレクションは、パリ14区にあるAlexandre Mattiussiの親友の自宅を会場に、リラックスした雰囲気の中でメンズモデルがワインやバーベキューを楽しむというピクニック形式で発表。快適で着易いメンズウェアを基本に、ベージュやグリーンなど初春の森を思わせるカラーを使用し、友人が描いたという鳥のプリントがポイントになっている。

 12月12日には、パリ・マレ地区に「AMI Alexandre Mattiussi」初の旗艦店がオープン。日本では、「INTERNATIONAL GALLERY BEAMS」、「EDIFICE」、「AMERICAN RAG CIE」などの店舗で販売が予定されている。価格帯は、シャツが1万円台〜、パンツが2万円台〜、ジャケットやアウターが5万円台〜。


■AMI Alexandre Mattiussi 2013年春夏コレクション全ルック
 http://www.fashionsnap.com/collection/ami-alexandre-mattiussi/2013ss/