2000人調査!私の土台を築いた「本・雑誌・著者」ランキング

写真拡大

----------

調査概要/2010年12月、インターネットを介してアンケート調査を実施。有効回答数は2000人。40代の有職者を対象に「ビジネスで役に立った本・著者」を尋ねた。マクロミル協力。

----------

■作者・筆者編

ランキングを見ると、役に立つ本の著者というよりは、自分がよく知っている著名な識者を挙げたという印象を受ける。たとえば1位の池上彰さんは、毎日のようにテレビに出ていて、書店に複数の本が平積みになっている状況で、そう考えると納得の1位だ。

本の内容が実際に役に立つ、というよりは、話題の人の本を読んで、ビジネスのコミュニケーションツールとして使おうという状況も読み取れる。25票の勝間和代さんなど、2010年に調査をすればトップにランクされていただろう。読者の支持の移り変わりの速さを感じた。また、名前が挙がっている42人の著者のうち、フィクション系の作家が11人、経営者や評論を主としている方10人。小説やコミックの中からも、ビジネスのヒントを学ぼうとしている人が意外に多いことがわかる。

ただ、29票入っている大前研一さんはもっと評価されてもいいと思う。彼は、羽田空港の国際化や、法人税減税など、最近やっと注目された政策について「絶対に必要になる」と5年以上前から、たった1人で問題提起していたからだ。

■Recommend books

『池上彰の学べるニュース3』池上彰・著

話題のベストセラー第3弾!「週刊こどもニュース」で活躍した著者の丁寧な時事解説。

『道をひらく』松下幸之助・著

「経営の神様」と呼ばれた著者が残した数多くの本の中でも本書は、累計400万部を超えるロングセラーとなった。

『マネジメント』P・F・ドラッカー・著

著者はビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家として知られ日本でも根強い人気をもっている。

『この国を出よ』大前研一・柳井 正・著

誰が日本をダメにしたのか? 「ユニクロ」の柳井氏を招いて語りあった斜陽日本へのオピニオンが注目される。

■書名タイトル編

著者名と同様に、役に立った本ランキングでは「話題の本」「好きな本」が上位にきた印象を受ける。これはハロー効果と呼ばれ、人は有名なものを、評価されているというふうに思い込む傾向があると考えられる。そこで「目につく本=役に立つに違いない」と思っているのかもしれない。『もしドラ』が2位というのが象徴的だろう。

また、『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『徳川家康』『織田信長』等、歴史物の強さが目立つ。戦国武将や幕末の志士の生きざまの中に、競争社会で生き抜くコツを見出そうとしたり、人情物から人の心の機微を読み取って上司や部下など社内の人間関係に生かそうとしたりという意図を感じる。こうしたエンターテインメント系の小説は、仕事の合間に読めるということもあるだろう。コミック『ワンピース』『北斗の拳』が役に立つということは、仕事の場でもメンタルな部分が必要なのだと解釈できるかもしれない。

しかし他者に差をつけるためには、読書の時間をつくって専門書への挑戦が必要になるはずだ。

■Recommend books

『竜馬がゆく』司馬遼太郎・著

竜馬の劇的な生涯を中心に、ひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。

『三国志』横山光輝・著

劉備、孔明を主人公に、黄巾の乱から蜀の滅亡までを描いた全60巻に及ぶ長大な作品。現在でも根強い人気を誇る。

『7つの習慣』スティーブン・コヴィー・著

世界で1000万部以上を売り上げ、ビジネス書として今でもベストセラーを続けている。

『金持ち父さん 貧乏父さん』ロバート・キヨサキ・著

全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開。

■雑誌編

雑誌で情報を集めたり、流行のベストセラーを読んだりということは、ビジネスマンにとって必要だ。私自身も、「プレジデント」「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」の3誌は毎号欠かさず読んでいる。「ダイヤモンド」「東洋経済」は、朝日新聞と読売新聞のように同時に似たような特集が別の切り口から組まれることが多く、読み比べるのが面白い。「プレジデント」は、安心して読める老舗のような感覚だ。

ところで、売れている本が必ずしも原点となった経済理論をきちんと解説できているか、というと必ずしもそうではない。

例えば、以前大ブームになった脳科学の本で、一般の人が脳科学を理解できたことはほとんどないだろう。売れ筋の解説書を読んだところで、本当の知識は身につかない。テレビで池上彰さんの解説を見ても「そういえば池上さんも言っていた」というレベルでとどまり、あなた自身のビジネスにいかされているとは限らない。

業務命令で専門書を読めと言われたら、心理的に嫌で、なかなかページが進まず、つい歴史小説やマンガに逃げてしまうかもしれない。しかし、自分から高度な知識を身につけたいと思えば、やる気になる。有名人がどこかで話していたことではない、自分自身の知識として、ビジネスに役立てることができるはずだ。

ビジネスに役立つ本はどう選べばよいか。私はとりあえず2000円以上の本を読むことを勧めている。つまり、研究書や専門書のことだ。今回は2冊紹介する。

1冊は『影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか』R・B・チャルディーニ著(2940円)。詐欺師、宗教の勧誘、承諾営業等のテクニックから、人にイエスと言わせるテクニックを学術的に研究した本。企業の経営陣に近い立場の人がこういう知識を持つと、売り上げを伸ばしたり、会社のビジネスの仕組みを変えることを考える際、ヒントになるだろう。

もう1冊は『プライスレス 必ず得する行動経済学の法則』W・パウンドストーン著(2520円)。

行動経済学による値付けの本。米国で売り上げ上位の会社が契約している行動経済学の価格決定理論を使ったコンサルティング会社についての記述は参考になる。例えば、ピーナッツバターの販売で、値段を上げずに、容器の形を変え、中身を減らすことで実質的な値上げに成功した例があげられている。大手外食チェーンをはじめ、この理論は日本でも浸透しつつある。

■Recommend books

『プライスレス』W・パウンドストーン・著

D・カーネマンらの最新の行動経済学の研究が紹介。

『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』R・B・チャルディーニ・著

承諾誘導のプロの世界に潜入し、人間心理を解明した。

『「ビジネス書」のトリセツ』水野俊哉・著

勝間和代から神田昌典、「HACKS!」シリーズまでビジネス書を完全解剖! この1冊で、本当に役立つ本を選べる。

※すべて雑誌掲載当時

(水野俊哉=解説 河崎美穂=構成)