臭くならない部屋干しのコツ

写真拡大

ベランダが狭かったり、女性の一人住まいだったり、帰宅が夜遅い人など、外に洗濯物が干せない人は少なくありません。しかし、部屋干しをすると独特のニオイが染みついていることがあります。このいやなニオイを発生させないために、どんなことに気をつけたらいいのでしょう。

●ニオイの原因は二つ

部屋干ししていた衣類をにおってみると、雑巾のようなニオイを感じることがあります。これは部屋のニオイではなく、落ち切っていない「酸化した皮脂のニオイ」と、「繁殖した雑菌のニオイ」が混じったもの。皮脂を酸化させないためには、皮脂汚れをきれいに落としておくこと。また、雑菌を繁殖させないためには除菌を行っておくことが大切です。せっかく洗った衣類が臭くならないためにも、この二つのニオイが発生しないよう、注意して洗濯を行いましょう。

●汚れをきれいに落とす

しっかりと汚れを落とすためには、水温が大切な役割を果たします。特にニオイの元となる皮脂の汚れは、30℃〜40℃(色柄30℃、白物40℃が目安)のぬるま湯を利用すると洗浄力が上がり、汚れ落ちがよくなります。
部分的にひどい汚れは部分洗い専用の洗剤が効果的。歯ブラシなどで使って洗濯機に入れる前に汚れを落としておきます。


●菌の繁殖を抑える〜除菌をする

皮脂汚れだけでなく、菌が繁殖してもニオイは発生します。菌の繁殖を抑えるためには除菌が一番。洗濯をするときに部屋干し用の洗剤を使うと除菌成分が配合されているため、ニオイ防止に役立ちます。仕上げには、抗菌効果のある柔軟剤を使って、菌の繁殖を食い止めましょう

●菌の繁殖を抑える〜素早く乾燥させる

衣類はぬれたままの状態が長くなるほど、菌が繁殖してしまいます。洗濯前の衣類も、湿ったまま洗濯かごに放置していると菌が繁殖する原因に。湿っている物と乾いている物は別のカゴに入れるか、またはすぐに洗濯をしましょう。
洗い上がった洗濯物は、素早く取り出して干します。室内で干すときの注意として、以下のことに気を付けてみるといいでしょう。

■部屋の風通しのいいところに干す
部屋の中で風通しのいい場所に干します。湿気をためないためにも窓を開けておきましょう。浴室もおすすめの場所の一つです。浴室の換気扇も回しておくと、乾きが早くなります。風通しのいい場所がない場合は、扇風機を使うと効果的。さらにエアコンの除湿や除湿機を併用すると室内に湿気がこもらずにすみます。

■乾きやすい干し方にする
干し方の注意は、洗濯物と洗濯物がぶつからないようにすること。ピンチハンガーを利用するときは、外側に小さいものを内側に長いものを干して、風がすべての洗濯物に行きわたるようにすることが大切です。
ピンチハンガーをカーテンレールにかけてしまう人もいますが、ぬれた洗濯物がカーテンにふれあって、乾きが遅くなるばかりか、洗濯物がカーテンのホコリで汚れたり、カーテンが湿気を含んでカビが発生してしまったりすることも。くれぐれもカーテンや扉と洗濯物が触れないように気をつけて干しましょう。

部屋干しは洗濯物の量を考えるとともに、窓を開けて、除湿を行うことも忘れずに行っておきましょう。