中古車屋に聞く! 査定のコツ!



車を中古車屋さんに買い取ってもらう場合、どんな点を気をつけると査定額が下がらない、またはアップする可能性があるのでしょうか? 現役の中古車ディーラーに、どんな点がマイナスになるのか、またはどうすればプラスになるのかなど聞いてみました。





■買い取り金額が高い車の特徴



まず買い取り業者の基本的な考えとして、



・買い取り後に、売りやすい(売り先がある)

・手間をかけなくてよい(洗浄・整備・車検)ものが良いです。



●燃費の良い車が人気

次に車種ですが、当然ながら人気車種が高い値段になります。

また、低燃費のハイブリッド車や軽自動車。軽トラックなどの仕事用の車も良い値段がつきます。ただ、外車は思った以上に高くなりません。燃費が悪い・整備代がかかるなどのデメリットがあり、販売時も同じ理由から敬遠されがちなので、厳しいです。



ひどいケースだと、正規のディーラーでさえ修理方法がわからなかったりします。ちなみに走行距離は短ければ短いほどいい。ベストはエコカーの新古車。これはいいですね。



●マニュアル車は安い

オートマ限定免許があるようにマニュアルは乗れる人が少ないため。一般車の場合はマニュアル車は金額が下がります。例外としてスポーツカーはマニュアルの方が良いですね。スポーツカーを運転したい人は基本的にオートマには乗りたいと思いませんから。



●カスタムカーやVIP車は難しい

いくらお金がかかっていても乗る人が限定してしまうからです。また乗りつぶしている場合が多々あるので。ただ、探している人がいないわけではありません。絶版車などが意外に高くなることもあり得ます。



例外はありますが、基本的には欲しい人が多い車が高く買い取りしやすい車。在庫リスクが少なく、転売しやすい車がいいです。一般的には、そのお店が小売りに力を入れている車種なら評価も高くなり、情報も確かだから適切な価格になるでしょう。



●事故車(修復歴車)はとにかく安い

どんなに整備しても完ぺきにできる保証がなくお客さまに売り難いため。また、どんなに外見がきれいでも、中古車オークション会場では修復歴車はA点という特別の表示をされます。



ただし、ボンネットやドアにキズやへこみがあっても修正・交換がなければ事故車ではありません。キズやへこみや修理跡があっても、その部分がボルトオンで止めてある部品なら修復歴にはなりません。骨格に相当する部分は修復歴になりますが、多くの外板部分はOKです。



逆にトランクフロアなどは修復歴の対象です。ルーフやピラーも同様で修復歴の対象です。



●車検は長いほど程よい

・基本的に、長ければ長いほど程よい。

車検をしなくていい期間=無駄出費がない期間。単純に売るときに車検しなくて良いし、面倒も費用も掛からないため。買い取り後の輸送も面倒がなくていい。



・ないと価値が大幅に下がる可能性が

整備・検査・税金など販売して乗れるようになるまでに経費が掛かるので。ただ、ユーザー車検の車や「取るだけ車検」の安い整備の車は評価が低くなります。販売した後のトラブルが心配だからです。隠れたダメージや消耗がトラブルの原因になるからです。



きちんとした整備記録簿があれば評価は高くなるでしょう。





■買い取り金額を上げるコツ、下げないコツ



●においは特に気をつける

タバコやペットのにおいはマイナス要因です。簡単には消すことのできないにおいとヤニがつくため。ペットのにおいもタバコ同様に嫌いな人ほど敏感です。動物の毛やつめ跡も減点対象になります。



●オーディオ、ナビは外さない

よほど新しいものでなければナビとオーディオには価値はありませんが、オーディオ部分が空っぽだと査定は下がります。空っぽのままだと売れずに販売時に代替え品を入れる費用がかかるため。マイナス要因を減らす意味では付けておいた方が無難です。



●外観はノーマルがいい

エアロなどは興味がない人には邪魔なだけです。また、色は一般に無難な白・黒・グレーなどが人気ですが、あまり影響はしにくい。ただ、特定の車の人気色もあり、色だけで価格アップもありえます。ただし、塗り替えて元の色と違う色になっている「色替え」は大きくマイナスです。



●査定が高くなりやすい事例

4WDの車の場合、市場に出回っている数が少ないが、降雪地帯では必需品なので売り先があるため査定額がアップする可能性があります。また、雪国ではスタッドレスタイヤは必需品です。もしあるのであればいっしょに持っていきましょう。



買い取り店がその車を探している場合も査定額が上がります。確実な売り先があるので買い取りに多少無理ができるからです。

純正部品がある場合もいいですね。なるべく元の状態の車が喜ばれるので、マフラーやタイヤホイールなどがあればいっしょに持っていった方がいいです。





■車を売る場合にやっておくこと



●きれいにお掃除

事前に内装外装を掃除するだけでずいぶん違います。大事に乗っていたという印象を与えられるし、販売側も手間が省けます。



●自分なりに査定する

傷やへこみ・汚れなどを自分で把握しておく。オイル交換をこまめにしていた、定期点検をちゃんと受けていたなど。良いとこ悪いとこを理解してアピールしましょう。



●ローンを残さない

ローンを支払い終えていなければ所有権を移せないので原則として買い取れません。しかし、買い取りのお金でローン返済も可能なので相談してみるといいでしょう。



●必要な書類を用意する

買い取り業者に書類の用意をまかせて、指示されたものを自分で用意するのが一般的です。それは、車検証記載の名義(所有者名義・使用者名義)などによって必要なものが異なるからです。届け出用紙も所定の書式があります。



車検証・実印・名義人の印鑑証明証・自動車税納税証明書・自賠責保険証・住民票・委任状などが必要になります。詳しくは業者に確認しましょう。原則として軽自動車の場合は実印でなく認め印でもOK、印鑑証明証もいらないです





以上のようなことに気をつければ、大幅なマイナスを避けることができ、また査定額がアップする可能性も出てくるそうです。面倒くさがらずにやること、これが秘訣と言えますね。



(高橋モータース@dcp)