炊飯器でつくる丸ごと焼きりんごが簡単でおいしい!

写真拡大

リンゴのおいしい季節がやってきたので、今回は、焼きリンゴを炊飯器でつくってみた。

思いのほか簡単で、リンゴ丸ごと調理しても簡単に火が入るのは炊飯器だからこそ。

見栄えもするので、クリスマスにつくってみるのもオススメ!材料(焼きリンゴ1個分)リンゴ 1個 / 砂糖 大さじ1 / シナモンパウダー 小さじ1/3 / レーズン 大さじ2程度 / 水 大さじ3 / ラム酒 大さじ3 / バター 10gホイップクリームもしくはバニラアイスクリーム 適宜つくり方リンゴのヘタと種の部分をナイフなどでくり抜く。

くり抜いた部分に砂糖、シナモンパウダー、レーズンを詰め込む。

炊飯釜に水を入れて1を置き、レーズンの上からラム酒をかけてバターをのせたら、炊飯器に釜をセットして炊飯スイッチを押す。

炊飯が終わり、リンゴがクタクタになっていればできあがり。

まだ火が通っていないようなら、再度炊飯ボタンを押す。

器に盛り、ホイップクリームやバニラアイスクリームを添えてシナモンパウダーをふったらできあがり。

ヤスナリオ掛軸や襖を作る「表具職人」として働くかたわら、男らしくシンプルでウマいごはんをつくる「料理”勉強家”」。

お酒に合うカンタンレシピを掲載したブログ「ワインとごはん」を日々更新中。

※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあるので、取扱説明書をチェックしてください。