大塚家具、オンラインショップと提案型リアル店舗の連動ビジネスを開始

写真拡大

大塚家具は生活者の多様化するニーズに応えるため、オンラインショップと提案型リアル店舗を連動させた新しいビジネスモデルを展開する。

同社は消費者の情報収集の方法や購入手段が多様化していることを受け、消費者ニーズに合う新・情報発信拠点として独立した小型専門店(セレクトショップ)を展開する。

北欧スタイルを「SAGAサーガ」、「OSTKAPP アストカップ」、 「Nyhavn ニューハウン」、「WHITE NIGHTS ホワイトナイツ」の4カテゴリーに区分。

趣向の異なる北欧スタイルが楽しめる。

あわせて上記4つの北欧スタイル専門店を展開するオンラインショップ「Morgenmarked (モルゲンマルケット)」を12月21日にオープン。

同サイトでは、人気の北欧テイストのテーブルや椅子などを約300種類展開する。

また、実際に色や質感、使い心地を確かめたいというニーズに応えるため、同社の新宿ショールーム内の提案型リアル店舗と連動。

店舗への誘引を図る。

購入者はメンテナンスや配送・組み立て・設置など、同社の様々なサービスメニューも利用できる。