向後の7日株!:時間調整終了!業績好調!チャート妙味が増した、国土強靭化関連の中核材料株!(181X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

不動テトラ (1813)が今日の注目銘柄!

自民党の高村正彦副総裁は19日、自民、公明両党が早期編成を目指している2012年度補正予算案について「マクロ経済的にみて10兆円程度は必要だ」との認識を示しました。また、自民党幹部は19日、高村氏が指摘した「10兆円」について事業規模ではなく財政支出によるものとの認識を表明したということです。

そこで、今回の大型補正でメリットを享受し、国土強靭化関連の中核材料株で、且つ、チャート妙味が増した同社に、再度、注目します。今回の補正では、防災や減災に結びつく事業を迅速に実施する見通しです。

ちなみに、同社は、陸上・海洋の両土木事業、地盤改良事業、ブロック事業などを手掛けています。地盤改良に強みを持ち、6月には、東日本大震災において、液状化による地盤被害が発生した浦安市で、初めて宅地地盤の液状化対策工事を実施しました。今回の工事では、地盤調査、液状化の判定から設計、自社機による施工までを一括して同社で実施し、工法の信頼性を高めています。

また、同工法は従来工法を宅地に適用する場合に比べて40〜50%のコストダウンに成功しています。液状化対策は、これまで以上にさまざまな構造物で重要視されるものと考えられ、今後の需要拡大が期待できます。

さらに、足元業績は好調です。13年3月期通期連結業績は、売上高は600億円(同、17.4%増)、営業利益は12億円(同、20.4%増)、経常利益は10億円(同、4.1%増)、当期純利益は5億円(同、184.1%増)と、良好な業績モメンタムも魅力です。

日足チャートをみると、19日の急騰で、12月3日までの急騰に対する時間調整は終了したとみています。3日の高値165円を上抜いただけでなく、日中高値は181円で、2月7日の177円をあっさりブレイクし、年初来高値を更新しました。足元の株価は、25日移動平均線ベースのボリンジャーバンドの+2σ(19日現在、182円)と+1σ(同、159円)の間をバンドウォークしながら堅調に推移しています。
一方、週足ベースでは、幾度も、今年に入り、180円付近の壁に阻まれてきました。
しかし、政権交代により、公共事業が積極的に実施される可能性が高まったこと考慮すると、さらに資金が同社に向かう可能性は高いとみています。当面の目標は11年3月高値243円付近です。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。