BUYMA運営のエニグモ、米ファッションサイトと資本提携で海外展開強化

写真拡大

 ソーシャルショッピングサイト「BUYMA(バイマ)」を運営するエニグモが12月21日、ソーシャル・ファッション・サイト「Kaboodle(カブードル)」を運営する Image Network社と資本・業務提携を行うことを発表した。Image Network社が発行する株式総数のうち19.2%を、12月25日までに120万ドル(約1億円)で取得する。

「BUYMA」の海外進出強化の画像を拡大

 Image Network社は、「ELLE」や「Marie Claire」などを出版するHearst Communications,Inc.の子会社として会員数約200万人のソーシャル・ファッション・サービスを展開。「海外進出を強化していく」とエニグモが語るように、今回の提携両社がもつ基盤・ノウハウを共有しサービス開発や収益力の強化を図るとともに、Image Network社の流通ネットワークを活用した新収益の確立を目指すという。

 2004年2月に設立されたエニグモは、会員数100万人を超える「BUYMA」やファッション写真共有アプリ「Stulio(ステューリオ)」を手掛け、インターネットを利用した新しいビジネスの企画・開発・運営を展開。2012年7月24日に東京証券取引所マザーズ市場に新規上場しており、Image Network社との提携は上場後初の資本提携となる。