登壇したローソン取締役社長CEO・新浪剛史氏

写真拡大

経済同友会は2012年12月21日、「東京オリンピック・パラリンピック招致推進プロジェクトチーム」の発足を記念した特別セッションを開いた。同プロジェクチーム(PT)は、2020年五輪の東京招致に向け国民支持率を上げるため、各界と協力して世論喚起の運動を行う。

都内の日本工業倶楽部内であったこのセッションでは、ロンドン五輪のメダリストらが参加し、東京での五輪開催の意義や、候補都市としての東京の強みや弱みなどが話し合われた。

同友会副代表幹事で、同PT委員長であるローソン取締役社長CEO・新浪剛史氏は、

「日本にとって大きなチャンス。やさしさ、心のこもったおもてなし、文化すべてそろっている日本を世界に示せる。2020年に東京にオリンピック・パラリンピックが来て、若い人たちが夢を持てるようにしたい」

と招致に向けた意気込みを語っていた。