約100万回切っても刃の切れ味が続くハサミが発売-コクヨ

写真拡大

事務用品大手コクヨグループのコクヨS&Tは、厚紙からビニールなど薄手のものまで、1本でさまざまな素材をしっかり切れるハサミ「エアロフィット・スペリオ」を、2013年2月13日から発売する。

同商品は、刃がハンドルの奥まで延びた「ディープインサート構造」を採用しており、段ボールなどの厚紙をしっかり切ることができる。

また、ビニールなど薄手のものも切りやすいように、刃のかみ合わせを調整しており、さまざまな素材を切るのに適している。

さらに、刃渡りは一般的なハサミが60〜70mm程度なのに対して、本商品は87mmと長いため、一度に切れる長さも長くなり、封書の開封などの作業効率を向上させることができるという。

男性でも握りやすい大きめのハンドルは、指にかかる力を分散させる「エアークッション構造」を採用しているため、指が痛くなりにくいのが特長。

また、小指をかける「フィンガーレスト」がついているので、より握りやすくなっているとのこと。

刃のタイプは「スタンダードタイプ」のほかに、刃に粘着材が付きにくい構造を持つ「グルーレスタイプ」、フッ素コーティングと高硬度のチタンコーティングを施すことで約100万回切っても刃の切れ味が続く(※)「チタン・グルーレスタイプ」などがラインアップされる(※上質紙64g/平方メートルを使用した同社試験結果による)。

価格は、スタンダードタイプ945円、グルーレスタイプ1,260円、チタン・グルーレスタイプ1,575円。