マツダ、新型「アテンザ」の販売が好調だと発表 - 全体の76%がディーゼル

写真拡大

マツダは21日、11月20日に発売した新型「アテンザ」の累計受注台数が、12月20日時点で、月間販売計画1,000台の7カ月分を超える約7,300台に達したと発表した。

新型アテンザは、同社の新世代技術「SKYACTIV」(スカイアクティブ)と新デザインテーマ「魂動」(こどう)を採用したフラッグシップモデル。

ボディはセダンとワゴンの2タイプがあり、2.0Lもしくは2.5Lのガソリンエンジン搭載車と、2.2Lのディーゼンルエンジン搭載車が発売されている。

ボディタイプ別の受注台数の内訳は、セダンが54%、ワゴン46%。

エンジン別では、ディーゼルが76%、2.0Lガソリンが13%、2.5Lガソリンが11%となっている。

また、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」(アイ・アクティブセンス)によって、自動ブレーキを作動させるシステムやAT車でのペダルの踏み間違いによる誤発進を防ぐシステムを装備した車は、パッケージオプション装着車を含めて69%に達したとのこと。

同社によると、美しくて躍動感のあるエクステリアデザイン、高トルクの新世代クリーンディーゼルエンジン、SKYACTIV技術と減速エネルギー回生システム等による「走り」と「環境 / 燃費性能」の両立、先進安全装備の充実などが購入者に好評という。