『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序:破:Q』、大晦日に全国44館で一挙上映決定!

写真拡大

11月に公開され、興行収入が45億円突破と大ヒットを記録しているアニメーション映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を含む新劇場版シリーズ3作品が、全国44館で一挙上映されることが決定した。

上映作品は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序1.11』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破2.22』、そして現在公開中の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と同時上映されているスタジオジブリ作品『巨神兵東京に現わる 劇場版』。

また、同日に東京・原宿のエヴァ公式ストア「EVANGELION STORE TOKYO-01」で開催されるイベント「宮村優子の煩悩108叩き斬り除夜のあんたバカぁ!?」の一部生中継も行われ、この中継が終了次第、一挙上映がスタート。

日時は12月31日(月)23:40〜24:00頃を予定している。

上映館情報はこちらから。

なお、同日開催のイベント「宮村優子の煩悩108叩き斬り除夜のあんたバカぁ!?」には、タイトルのとおろ式波・アスカ・ラングレー役の宮村が登場。

伝統行事”除夜の鐘”を模したイベントで、「あんたバカぁ!?」というエヴァ名台詞を鐘撞きに見立て、108つの煩悩を祓っていく。

参加者は”1人=1煩悩”として、108回の「あんたバカぁ!?」が行われるという。

また、新年を迎える深夜24:00、新年を迎える瞬間にはカウントダウンも実施。

イベントは12月31日(月)22:30スタート、24:30の終了を予定している。

参加者はエヴァストアで一定金額以上のグッズ購入者を対象に抽選。

詳細は12月26日(水)にエヴァストア公式サイト、および店頭で発表される。

(C)カラー