日本人はなぜ「浅田真央」が好きなのか? 住友生命が”応援サイト”を開設

写真拡大

住友生命保険は21日、このたびブランドパートナーである浅田真央選手を応援する「MAO ASADA 応援プロジェクト」を立ち上げ、12月21日から、スペシャルサイトを公開した。

同社営業職員やサイト内の応募フォームを通じて集まった応援メッセージを広く紹介するとともに、浅田真央選手本人にも直接提供する予定という。

浅田真央選手は、「グランプリシリーズ中国大会」(11/2〜11/4)、「グランプリシリーズ日本大会(NHK杯)」(11/23〜11/25)で優勝。

「グランプリファイナル」(12/7〜12/9)に進出し、優勝を果たした。

住友生命では、「夢の実現に向けて『強さ』を磨き、真摯な努力を続けている『浅田真央』選手を職員はもちろんのこと、顧客とも一丸となって応援していける、大応援団を結成したいと考えている」という。

 プロジェクト名称 : MAO ASADA 応援プロジェクト実施期間 : 2012年12月7日(金)〜2014年3月31日(月)活動内容 : 「浅田真央選手に応援メッセージを届けよう!」参加方法 : (1)同社営業職員が配布するメッセージ記入シートから参加、(2)スペシャルサイト内、専用フォームから参加メッセージについて : (1)同社スペシャルサイトで応援メッセージを紹介、(2)タブレット型電子端末などを通じて、浅田真央選手にメッセージを提供スペシャルコンテンツ : http://mao-asada-ouen.jp/ (2012年12月7日からプレオープン中)その他コンテンツ : 専用フォームからの応募の場合、Facebookと連動したデジタルノベルティをプレゼント住友生命は、「プロジェクトの今後の展開については、詳細が決まり次第、順次発表していく」としている。