年の瀬も迫り、早くもお正月休みに思いを馳せている人もいるのではないでしょうか。久々の帰郷や連休は心が躍りますが、挨拶まわりや初詣、同窓会といった恒例行事を終えた後は、意外に時間を持て余すこともあるかもしれません。かといって、寒いなか外には出たくないし......そんな人に打ってつけなのが、電子書籍による読書。

 電子書籍ならネット上で簡単に作品をチェック、その場で購入して読むことができます。外出不要のため、こたつから出たくない人にぴったりのアイテムとも言えます。

 さらにこの年末年始にかけては、電子書籍のユニークなキャンペーンも行われるようです。auスマートフォン向け電子書籍サービス「ブックパス」とソニーの電子書籍ストア「Reader Store」は、12月28日から1月11日まで「BOOKFESTA 2012-13 winter」を開催します。

 同キャンペーンでは、両電子書籍ストアの運営をサポートするブックリスタが、1年間で最も売れた作品を「ブックリスタ年間ランキング」として紹介。1位の作品を50%ポイントバックで販売します。また「2013年にブレイクすると思う作品」をレコメンド、こちらは半額で提供するとのこと。

 気になっていたけど読めなかった作品、さらに来年注目の作品を一度にチェックすることができます。電子書籍を大人買いして一気読み、なんていう年末年始ならではの醍醐味も味わえそうです。

 さらにこれとあわせて、年間ランキングに関連した豪華賞品が当たる懸賞も実施。ランキング小説部門1位の『天地明察』、コミックス部門1位『宇宙兄弟』の各作品に関連したアイテムとして"ニュートン式反射望遠鏡"と"アポロ宇宙飛行士フル宇宙服レプリカ"が景品としてラインナップされています。

 これまで電子書籍に接する機会のなかった人も、これを機にトライしてみるのもありかもしれませんね。お正月休みを有意義な読書の時間にあて、この冬は本の虫ならぬ"電子書籍の虫"になってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
BOOKFESTA 2012-13 winter
http://www.booklista.co.jp/index.php/bookfesta/2012winter



『宇宙兄弟(19) (モーニング KC)』
 著者:小山 宙哉
 出版社:講談社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
花火を見て切ない気持ちになるのは日本人だけ?
短所の渋滞を起こしている時に使いたい、ピース・又吉発案の四字熟語「馬面猫舌」
大人になってからのクリスマスの楽しみ方 〜「ピンメリ」限定のパーティー開催


■配信元
WEB本の雑誌