子供のころ、間違って思い込んでいたことは?






大人になると、子供の突拍子もない発想力に驚かされることってありますよね。でも私たちも、かつてはそんな子供だった時代があったはず。

そこで今回は、「子供のころに思い込んでいたこと」をお聞きしてみました。



調査期間:2012/10/18〜2012/10/22

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数:867件(ウェブログイン式)



■言葉の勘違い



「競馬の『クビ』は負けたから引退になったのだと思っていた」(30歳/女性/東京都)



子供の想像力は、時に残酷です。



「台風一過を台風一家だと思っていた。20歳の時に友達に、『昨日の台風一家は何人家族分なんだろうね』と話したら本気で笑われた」(25歳/男性/東京都)



「月極の読み方。大学時代まで間違いに気づかなかった」(31歳/女性/兵庫県)



「番組の最後に紹介される『ご覧のスポンサーの提供で……』は、"ゴランノスポンサー"という一単語だと思っていた」(27歳/男性/東京都)



「電車の不通の意味。普通なのになんで遅れるのか不思議だったが、漢字を知って納得」(30歳/男性/群馬県)



そのほか、汚職事件をお食事券など、今思えばベタな勘違いも、人生経験の少ない子供にとっては難しいのでしょう。



■ファンタジーな世界で生きていました



「天気予報の地図で沖縄が九州の上にあると思い込んでいた。教科書の地図を見て気づいた」(36歳/男性/東京都)



「地球の表面ではなく、球体の中に住んでいると思っていた」(25歳/男性/神奈川県)



「小学校3年生くらいまで、虹は触れると思っていた」(29歳/女性/静岡県)



「お母さんが世界で一番背が高いと思っていた。お母さんより高い人を見たことがなかったから」(23歳/女性/広島県)



「ウルトラマンシリーズを見ていて、東京は怪獣が出て大変だなぁ〜と思っていた」(35歳/男性/広島県)



日本の首都がボロボロにされる様子を映し続けるカメラマンも、命がけの中継です。



■人体の不思議?



「脳みそは空気に触れるとふくれる、というのを先生から聞かされてそんなものかと思っていた。いつの日からか、あれは冗談だったと気づいた」(28歳/男性/東京都)



「人間の体温は5度〜42度だと思っていた。熱を測ると親が『6度8分だね』みたいなことを言っていたので、熱を出すと10度を超えると誤解した」(25歳/女性/新潟県)



「小学校低学年の頃、キスをすれば赤ちゃんができると友人に教えられた。小学校高学年になり、マンガで真実を知った」(27歳/女性/愛知県)



「スポーツの記録更新には限界はないと思っていたが、さすがに100mを5秒で走るのは無理と気づいた」(33歳/男性/東京都)



「ずっと願っていれば、いつかかわいいハーフになれると信じていた。しかし、心のどこかで無理じゃないかとも思っていた」(32歳/女性/東京都)



子供心に、真実に気づき始めていたのですね……。



■そのほか、こんな勘違いも……



「ミッキーマウスは犬だと思っていた。中学生くらいになってからマウスがネズミだとわかって気づいた」(36歳/女性/兵庫県)



「絵の具の赤青黄色を適量混ぜると、どんな色も出せると思っていた。金色はどう混ぜたらいいのか先生に聞いたら言葉を濁された」(33歳/男性/東京都)



その適量を見つけ出すのが大変そう?



「サンタがいると思っていたが、中学1年生のとき、『家計が苦しいので、今年はプレゼントを勘弁してくれ!』という手紙が靴下の中に入っているのを見て、真実を知った」(35歳/男性/岐阜県)



中学生になるまで真実を隠していた親御さんの努力も、認めてあげたいです。



ちなみに筆者は、「太っている人は、やせるまでおなかが空かないもの」と思っていました。今になっても、自分のおなかをつまみつつ、蓄えがあるのになぜおなかが空くのか不思議です。



(文/島田彩子)