こんな価格で買えていいのか?--アメリカでの「銃」の値段とは?

写真拡大

「拳銃」は日本では入手困難です。

しかし、アメリカでは自衛手段のため広く所有が認められていて、(州によって異なりますが)普通にお店で購入できます。

一体いくらぐらいで売っているのでしょうか。

調べてみました。

アメリカの数軒のガンショップを調べてみましたが、拳銃はそんなに高価ではありませんでした。

中古などの状態、人気製品かどうか、メーカーなどで価格はピンキリですが、$199ぐらい出せば新品が購入できます。

ですから、現在の円ドルレート、$1=約83円だとすると、日本円で1万6,517円。

$100未満の製品、また極端な例では$50未満などというものもありましたが、そのような製品は避けた方が良いようです。

ガンマニアの人にほしい拳銃を聞いて、その価格を調べてみました。

挙がったのは『Glock 19』(グロック19)、『M1911』、『SigSauer P226』(シグザウエルP226)の3丁でした。

「Glock 19」(グロック19)は4万2,660円〜拳銃マニアの人になぜこの拳銃がほしいか聞いてみると、あるオンラインゲーム内で愛用していた銃だからだそうです。

ちなみに調べた、あるお店の店長によると「キャッシュで払ってくれるんなら$499にまけとく」でした。

価格:$513.97〜/4万2,660円〜($1=約83円)「M1911」は1万6,517円〜「コルト・ガバメント」という名前でして知られる拳銃です。

1911年-1985年、米軍の正式拳銃として使い続けられました。

コルト社のパテントが切れた現在では、さまざまな会社から色々にカスタマイズしたモデルが出ています。

価格:$199〜/1万6,517円〜($1=約83円)「SigSauer P226」(シグザウエルP226)は4万3,492円〜ガンマニアになぜこの拳銃がほしいか聞きましたら、「ダイ・ハードでマクレーン刑事が使っていたので」という答えでした。

高価な拳銃のようで、$671.00、$749.00、$838.00など、お店によって価格が異なります。

調べた範囲で一番安価だったのは$524でした。

価格:$524〜/4万3,492円〜($1=約83円)「Walther PPK」(ワルサーPPK)は4万1,666円〜新作『スカイ・フォール』が好調な007 ジェームズ・ボンドの愛銃と言えば、このワルサーPPKだそうです。

熱心なファンによりますと、『007 ドクター・ノオ』から使っているそうです。

調べてみますと$500ぐらい出せば買えるようです。

価格:$502〜/4万1,666円〜($1=約83円)「Walther P99」(ワルサーP99)は4万7,476円〜第18作目『トゥモロー・ネバー・ダイ』から007はこの銃に変えたそうです。

調べてみるとちょっと高めの銃でしたが、$600ぐらいの出費を覚悟しておけば購入できるようです。

価格:$572〜/4万7,476円〜($1=約83円)このように大体1万7000円〜5万円ぐらい出せば購入できるようです。

弾のことはammoと言います。

弾薬を意味する「ammunition」を縮めて使っています。

弾も安いです。

お店の一角に「格安ammo」コーナーが設置してあったりするので、慣れていない日本人はビックリします。

例えば、高価なところで9mmの弾が50発入りで$44、「奉仕品」で$20-$30といったものも。

ですから、1発73円ぐらいで、奉仕品で1発33円から、といった価格になります。

50発で$10なんてのもあるようで、この場合1発16.6円。

こうなると安いんだか高いんだか、日本人にはあまり縁のない世界なんでわからなくなってきますね。

アメリカでは普通に販売されているので「拳銃」はそんなに高価なものではありませんでした。

人気の品を購入しても10万円まででまとまるようです。

もちろん安いからといって購入できないですが。

(谷門太@dcp)