「MGMグランド・ホーチャム・ビーチ」イメージ

写真拡大

2012年は11月までに52万人の日本人が訪れるなど、観光地として注目が集まるベトナムに初の大型総合高級リゾート施設が登場する。高級カジノとエンターテインメントを融合させた「MGMグランド・ホーチャム・ビーチ」だ。ラスベガスやマカオなどにリゾート施設を持つMGMリゾート・インターナショナルによる運営で、オープンは2013年1月17日。

ラスベガススタイルのコンサートやファッションショー開催

ホーチミン市から南東に向かった海岸沿い位置する同施設は、541の客室と2200平方メートルのカンファレンス&コンベンションセンターを備える。スパやナイトクラブ、ゴルフコース(2013年9月オープン予定)が利用できるほか、ラスベガススタイルのコンサートやファッションショー、スポーツイベントが開かれ、世界中で注目されるエンターテインメントを楽しめる。

同社の社長兼COOのジョン・シグレイ(John Shigley)氏は、

「この魅力溢れる総合ビーチリゾート施設では、優雅で洗練されたサービスと、本場ラスベガスのエネルギッシュなエンターテインメントをお楽しみいただけます」

とメッセージを寄せている。

食事に関しては、ミシュラン2つ星シェフが調理する「パール」、ベトナムのストリートフードを食べられる「デューンズ バー&グリル」、寿司と日本酒の店「トロ」など多数のレストランが並ぶ。

グランドルームへの宿泊は、グランドオープニング用の価格で1泊366万6000ベトナムドン(2012年12月レートで約1万5000円)。食事・飲み物利用券、2人分のビュッフェ朝食が付き、フィットネスセンターや屋外プール、インターネットが無料で利用できる。2泊分の料金で3泊宿泊できるプランもあり、追加料金を払えばグランドスイーツにアップグレードすることも可能だ。